人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

さつまいも「しっとり系」「ねっとり系」新種に勢い 販売実績まとめ 農業総合研究所2023年9月13日

一覧へ

全国の都市部を中心にスーパーマーケットで「農家の直売所」を運営する産直流通の農業総合研究所は、2022年1年間のさつまいもの販売実績を集計。その結果、「シルクスイート」や「安納芋」「パープルスイートロード」など新しい品種が特に人気であることが明らかとなった。

さつまいも「しっとり系」「ねっとり系」新種に勢い 販売実績まとめ 農業総合研究所集計によると、品種ごとで特に伸びが顕著だったのが「シルクスイート」。2022年の販売額は一昨年と比べて211%と2倍以上の伸びを示した。「シルクスイート」は2012年から種苗の販売が開始された比較的、新しい品種で「しっとり系」の代表。十分に貯蔵されたものは水分が多く絹のようにしっとり滑らかな舌触りに焼き上がり、甘い焼き芋になる。

ほかにも、2022年は「安納芋」「パープルスイートロード」の人気が高まった。いずれも一昨年まではほとんど取り扱いがなかったが、昨年から一気に人気銘柄に躍り出た。「安納芋」は水分が多く粘質性なのが特徴で、焼くとネットリとした食感になる。じっくりと時間をかけて焼くと糖度が40度前後に達することも人気の理由で「ねっとり系」の代表となる。

「パープルスイートロード」は、果肉の色はほかの紫芋と比べて淡い色合いだが、加熱すると深い紫色になる。甘みが強く、焼き芋のほか、スイートポテトやモンブランなど製菓とも相性が抜群。ねっとりとした甘いさつまいもより、ほくほくとした食感が好きな人に特に支持されている。

同社の出荷責任者で産直流通の現場を見続ける第2産直部ゼネラルマネージャーの今野昭氏は、「国内外で人気のさつまいもは多様な料理に応用でき需要が高く、さつまいもは品種も多いのでさまざまな品種のさつまいもを食べていただきたい」コメントしている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る