人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

パン用小麦新品種 佐賀県産「はる風ふわり」使用の食事パン新発売 フジパン2023年9月29日

一覧へ

九州フジパンは10月1日、佐賀県産小麦「はる風ふわり」を使った新シリーズとして「九州産小麦のタマゴロール4個入」と「九州産小麦の明太マヨロール4個入」を九州全域で発売。これに先立ち、9月27日に佐賀県の山口祥義知事を表敬訪問し、「はる風ふわり」の特性を活かした新商品を紹介するとともに、今後、「はる風ふわり」100%の小麦粉で仕込んだパンで、佐賀県産小麦のおいしさを広く発信していくことを報告した。

中央左から、九州フジパン福岡工場の鳥本直樹工場長、フジパン取締役九州事業部の中岡泰三部長、山口知事、理研農産化工の鵜池浩四郎会長、JAさが楠泰誠代表理事組合長中央左から、九州フジパン福岡工場の鳥本直樹工場長、フジパン取締役九州事業部の中岡泰三部長、
山口知事、理研農産化工の鵜池浩四郎会長、JAさが楠泰誠代表理事組合長

佐賀県は、温暖な気候を活かし米の収穫の後に麦を撒くという二毛作が行われ、作付面積は北海道、福岡に次いで全国3位(2021年)。農研機構が育成した小麦新品種「はる風ふわり」は、2022年6月に品種登録され、佐賀県で栽培が拡大している。

「はる風ふわり」は、製パン性に優れ、小麦本来の風味・甘みが感じられる。また、パン生地に独特の「ひきのある食感」と「もっちり感」があるのが特長。フジパンは「ネオバターロールシリーズ」で長年培った経験を活かし、新シリーズ『九州産小麦のパン~佐賀県産小麦「はる風ふわり」使用~』として、佐賀県産小麦の特性を活かした「九州産小麦シリーズ」の魅力を発信する。

佐賀県産小麦「はる風ふわり」使用の新商品佐賀県産小麦「はる風ふわり」使用の新商品

10月1日から発売する「九州産小麦のタマゴロール4個入」と「九州産小麦の明太マヨロール4個入」の2品を皮切りに、11月1日から「九州産小麦チーズINチーズ」、「九州産小麦明太ツイスト」を発売。また、12月1日からは「九州産小麦クランベリー&チーズ」の発売を予定している。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る