左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
JA全中中央①PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

イノベーター養成アカデミー開講記念『未来エッセイ2101』表彰式開催 アグリフューチャージャパン2023年11月24日

一覧へ

アグリフューチャージャパンは11月18日、イノベーター養成アカデミー開講記念として実施した『未来エッセイ2101』 の表彰式を日本橋ホール(東京都中央区)で開催。表彰式には、689作品から選ばれた最優秀賞、優秀賞、協賛会員賞の各受賞者を招き、表彰状と副賞を贈呈した。

18日に開かれた「未来エッセイ2101」の表彰式で18日に開かれた「未来エッセイ2101」の表彰式で

「未来エッセイ2101」は、「22世紀の食や農業」をテーマに、未来の食や農業はどうなっているのか、その未来を実現するための「あったらいいな」「できたらいいな」はどういうものなのかを1200文字以内のエッセイ形式で募集したコンテスト。

4月24日から7月21日の募集期間を通じて集まった応募総数689件の中から、最優秀賞(副賞:賞金100万円)には、久継遥々さん(東京都)の「食と農業で繋がる平和な世界 ―グアテマラのコーヒーを東京で育てるー」が選ばれた。

また、優秀賞は、「天気は変えられる!?空飛ぶ農地で天災を防げ」(菊山舞衣氏・兵庫県)、「『ご馳走の種』と『台所いらずのAIシェフとアグリAI』」(樋口朋子氏・東京都)の2作品が選ばれた。

最優秀賞の作品は、「未来の農業はロボットテクノロジーの駆使により地域を超えた遠隔地での農作業が可能。地球単位で"食"や"農業"を考える未来は平和な世界となっている」という内容。

審査員からは「自分たちから見えている日本という世界だけでなく、遠くの世界が見えており、国境がなくなる発想もよかった」「AIロボットで労働力不足を補う発想はいい」等と評された。

最優秀賞を受賞された久継氏最優秀賞を受賞された久継氏

最優秀賞を受賞した久継氏は表彰式で、「世の中の食料や労働力の偏りをなくすことで何かが解決するのではないか、そのようなことを考えながら作品を書いた。また、私は現在AIやロボティクスの仕事に携わっていますが、AIに頼り切らずに人が働くということ、そして働くことから生まれる喜びを描いてもいる」と話した。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る