人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

「GAP産地API」開発 データ連携基盤を活用し生産管理システムから情報をアップロード2024年4月2日

一覧へ

株式会社ファーム・アライアンス・マネジメントは、GAP産地APIコンソーシアム」の事務局として、令和5年度の農林水産省の補助事業「みどりの食料システム戦略実現技術開発・実証事業費補助金等のうちスマート農業の総合推進対策のうち農林水産データ管理・活用基盤強化 農業データの川下との連携実証」事業に参画。同事業を通じて国際水準GAPを取得している農場の情報をスマートフードチェーンプラットフォーム「ukabis(ウカビス)」から取得することが可能な「GAP産地API」を開発した。

実需者からGAP認証商品を求める声が高まりつつある中、GAP認証を取得している農場の情報は、GAP関連団体のホームページ等で公開されているが、様々なGAP共通のデータベースはこれまで存在していなかった。また、従来のGAP関連団体などが公開している情報は、農場名や品目名などにとどまり、作付状況や収穫状況などの動的な情報は得ることができなかった。

「GAP産地API」開発 データ連携基盤を活用し生産管理システムから情報をアップロード

そこで、同コンソーシアムは、国際水準GAP農場として承認するための運用をシステム化(GAP産地登録システムの提供)するとともに、農場自身が生産管理システム等からukabisに直接情報をアップロードすることができる仕組みを構築。実需者はパブリックな環境から目当てとなる農場の検索が可能となる。また、農場の動的な情報(作付情報、収穫情報、栽培履歴情報)を取得できる。

「GAP産地API」開発 データ連携基盤を活用し生産管理システムから情報をアップロード_02

さらに、取得できる農場のデータは、国際規格に準拠したコード体系となっていることから、青果流通におけるチェーントレーサビリティー実現の可能性を見据えたものとなっている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る