人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東京農大学生寮「青雲寮」着工 奥多摩演習林を活用 住友林業2024年5月15日

一覧へ

東京農業大学と住友林業は5月13日、東京農業大学の学生寮「青雲寮」の地鎮祭を実施。同大学が所有する奥多摩演習林の国産材を活用した木造3階建ての準耐火構造建築で、住友林業が設計・施工し、2025年1月末に竣工する。

東京農業大学青雲寮(男子陸上部寮)イメージ東京農業大学青雲寮(男子陸上部寮)イメージ

新たに着工する「青雲寮」は、居住者の健康に寄与し環境にも配慮した純木造3階建の学生寮。木がもつ心理的ストレスの緩和効果や調湿・抗菌作用は空間の快適性を高め、居住者の心身の健康に好影響を与える。

同施設は東京農大が所有する奥多摩演習林の木材56.5㎥を含む国産材123㎥を使用。学生が林業の研究や実習で利用している演習林のスギは、食堂の梁・柱や、階段、カウンターなどに使われる。また、純木造とすることで木材使用量を増やし、建物全体での炭素固定量を増加させて、脱炭素社会に貢献する。

「青雲寮」には、東京農業大学 農友会 陸上競技部の学生が入寮する予定。農友会 陸上競技部の長距離ブロック(男子)は、東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に通算70回出場の経験があり、2024年には10年振りの出場を果たすなど競技力向上に努めている。木の特性を活かして心身ともに安らげる快適な空間をつくり、学生がパフォーマンスを最大限に発揮できるようサポートする。2025年2月以降で環境が整い次第、学生の入寮を予定。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る