人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

果実のフードロス削減・農家支援「氷結mottainai」初週で年初目標を販売 キリンビール2024年5月28日

一覧へ

キリンビールが取り組む果実のフードロス削減・農家支援につながる新シリーズ「氷結mottainai」から期間限定で発売された「キリン 氷結mottainai 浜なし」が5月7日の発売から初週で年初目標18万ケースを販売。果実のフードロス削減や農家支援ができる取り組みへの共感や、横浜特産ブランド梨「浜なし」への期待などもあり直近の「氷結」限定品出荷平均との比較で約1.2倍の出荷実績を記録した。

好評の「キリン 氷結mottainai 浜なし(期間限定)」好評の「キリン 氷結mottainai 浜なし(期間限定)」

「キリン 氷結mottainai 浜なし(期間限定)」は、「キリン 氷結」ブランドから誕生した、果実のフードロス削減や果実農家支援につながる新シリーズ「氷結mottainai」の第1弾商品。商品の売り上げ1本につき1円を生産者へ寄付するため、購入することで誰でも気軽に社会貢献できる。

同商品の発売にあたり、約18万ケースの販売により、「浜なし」2.2万個のロス削減、約400万円の寄付を目標に掲げたが、発売後早期で達成。発売初週の出荷数量は、直近3年の当社発売のRTD(栓を開けてそのまま飲めるアルコール飲料)限定品の中でも最多となった。また直近の「氷結」限定品出荷平均との比較で約1.2倍の出荷実績を記録し、「氷結」を普段飲まない消費者の獲得にもつながった。

キリンビールは、同商品の発売と同時に発足した果実のフードロス削減や農家支援につながる「氷結mottainaiプロジェクト」で、規格の問題でおいしく食べられるのに廃棄されてしまう果実を"モッタイナイ果実"と位置付け、2027年に"モッタイナイ果実"150トンの削減を目標に今後も商品を開発・発売する。

同社は「氷結」の「氷結無糖」シリーズに加え、新たに「氷結mottainai」シリーズを展開することで、健康や環境にも配慮した多様な価値を創造し、RTD市場のさらなる活性化をめざす。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る