栽培技術 ニュース詳細

2018.10.03 
データ契約ガイドラインの検討会開催 農水省一覧へ

 農水省は10月10日、「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会(第4回)」を開催する。

 この検討会ではICTなどを活用した農業で取得したデータを提供・使用承諾する際の具体的な契約条項の検討をし、農業分野でのデータ利活用・契約に関するガイドラインを作成する。
 近年、ICTにより農業現場での生産ノウハウなどを形式知化し、知的財産として活用する取り組みや、データを活用し生産性の高い農業を推進する取り組みが進んでいる。経済産業省では、平成29年に「データの利用権限に関する契約ガイドラインver0.1」、平成30年6月には5つの重点分野を対象に「AI・データの利用に関する契約ガイドライン(データ編)」を策定した。

 

日時:10月10日(水)15:00~17:00
場所:農水省本館7階第3特別会議室(東京都千代田区霞が関)
議題:
(1)共用型に係るデータ契約ガイドラインについて(予定)
(2)その他
傍聴人数:15名程度
申込み:インターネットまたはFAXで10月4日(木)17:00必着
インターネット:「農業分野におけるデータ契約ガイドライン検討会(第4回)」一般傍聴の応募について
FAX:検討会を傍聴を希望する旨、名前、連絡先、所属団体名を記入し送付。
FAX送付先:食料産業局知的財産化知的財産調整版宛
FAX:03-6738-6442

 

(関連記事)
AIの機械学習で筆ポリゴンを自動抽出する共同研究を実施 産総研と農水省(18.10.03)
AIとデータ連携基盤を統合 農業情報研究センター開設 農研機構(18.10.02)
持続可能な農業の実現に向けて 「全農リポート2018」発行(18.09.27)
農業の新しい時代に対応 Z-GISの活用を促進 JA全農営農管理システム操作研修会(18.09.20)
【JA全農飼料畜産中央研究所笠間乳肉牛研究室】能力の高い牛をつくる技術を研究(18.09.10)
概算要求2兆7269億円-31年度農林水産予算(18.08.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ