Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業データ活用 スタートアップ企業と連携し実証実験開始 AgVenture Lab2021年3月5日

一覧へ

AgVenture Labと農林中央金庫、JR東日本スタートアップは、農業の情報基盤「RightARM」と経営分析サービスを提供するテラスマイルと協業し、福島県の農業法人JRとまとランドいわきファームでデータを活用した農業経営の効率化に関する実証実験を始める。同実証実験を通じて、農業経営の高度化をめざすとともに、農業経営の発展を促進させるサービスの開発、農業所得向上による地域活性化を図る。

実証実験を取り組む企業の連携実証実験を取り組む企業の連携

実証実験では、センサーや帳票、市場価格など各種データをテラスマイルの「RightARM」を通じて一元化したうえで分析し、生産効率化に向けた施策を行う。「RightARM」は、見える化・分析・解析サービスを提供する栽培・生産の農業データ活用に特化した情報基盤で、その後のモニタリングも行う。また、必要な追加施策を実施しながら、高速で効果検証を回すことによって得られる収益改善効果を確認する。

農業の現場では、データのデジタル化や規格整備が不十分、データが各所に点在するなどの問題から、データ活用が進んでいない。データを活用できるようになると、今まで熟練の農家の勘に頼っていた農業生産で、施策の効果検証と改善を合理的に行え、収穫時期や市場価格の予測によって生産の効率化が期待される。また、データの活用により農業経営の見える化が進むと、金融機関からの安定的な融資、効果的なアドバイスを受けやすくなり、農業経営の後押しにもつながる。

今回、農業データの一元化や分析のノウハウをもつテラスマイルが、AgVenture Labが運営する指名型JA アクセラレータープログラム「Plant&Grow」とJR東日本スタートアップが運営する「JR東日本スタートアッププログラム」の支援を受け、農業法人におけるデータ活用による効果を検証する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る