Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

デジタル化とデータ活用で課題解決へ JAグループなど三者と連携 テラスマイル2021年3月9日

一覧へ

農業のデジタル化とデータ活用で社会課題の解決をめざすテラスマイルは、JAグループ、Future Food Fund、関西電力グループとの事業連携を目的とした第三者割当増資を実施。農業データ活用基盤「RightARM」の機能強化と、新たな農業経営者支援サービスでの事業連携と開発実証を実施を予定している。

デジタル化とデータ活用で課題解決へ

テラスマイルは、農業経営者がデータを活用し、収益を向上させていく社会をめざして2014年に設立。農作物の流通をデジタル化し、農業経営者の勘と経験を最大化することが重要と考え、経済農業の強化と国防としての農業のバランスを取りながら、産地と消費の関係を見える化し最適化することが、持続可能な未来に繋がるとして課題解決をめざしている。

デジタル化とデータ活用で課題解決へ JAグループなど三者と連携 テラスマイル「RightARM」は、アグリテックに関する様々なデータを一元化し、教育支援や戦略支援など農業経営での活用を目的とした情報基盤。気象・市況・センサー・選果実績などのデータを組み合わせ一つの画面から見ることが可能で、データを活用して出荷予測やシミュレーションなどアプリケーションもRightARM上に構築できる。テラスマイルは今回の資金調達を通じ、より稼げる農業の実現へ、AI出荷予測などrightARMの機能強化に向けた開発や新たな株主との事業連携を進めていく。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る