Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界の垂直農法市場 2020年~2027で22%以上の成長率を見込み2021年7月14日

一覧へ

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanは7月14日、世界の垂直農法市場に関する調査を発表した。

調査によると、世界の垂直農法市場は、2019年には約41億米ドルとなり、2020年から2027年の予測期間には22%以上の成長率が見込まれている。

垂直農法は、作物を垂直方向に積み重ねて栽培する農法で、水耕栽培、アクアポニックス、エアロポニックスなどの無土壌栽培技術が含まれる。垂直農法に適した構造は、家屋、ビル、輸送用コンテナ、廃坑など。伝統的な農業での農薬使用量の増加による有機食品の採用の増加、作物生産のためのモノのインターネット(IoT)センサーの使用の増加、悪条件の中で作物の信頼性と安定性を維持するための垂直農法の有効性、水の使用量の減少、農業労働者への依存度の低さ、農薬の必要性の減少などが、需要を促進する要因となると予想される。

例えば、Organic Trade Associationによると、2019年、米国の有機産業の売上高は約5%増加。しかし、品種数の少なさや初期投資の高さが、2020~2027年の予測期間に市場の成長を阻害すると考えられる。また、農業におけるビッグデータ、予測分析、自動化の進展は、予測期間中の市場成長を高める可能性がある。

同レポートでは、世界の垂直農法市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、世界の残りの地域などの主要地域について考察。欧州は、商業用および小規模の垂直農法の拡大により、市場シェアで世界をリードする重要な地域となっている。一方、アジア太平洋地域は、2020~2027年の予測期間中に最も高い成長率/CAGRを示すと予想されている。有機食品の需要が高まっていることなどから、アジア太平洋地域の垂直農法市場は有利な成長が見込まれている。

同レポートに含まれる主な市場プレーヤーは以下の通り。

4D Bios Inc.
エアロファームズ
フレイト・ファームズ
グリーン・センス・ファームズ(Green Sense Farms, LLC
BrightFarms Inc.
エバーライト・エレクトロニクス株式会社(Everlight Electronics Co.
アグリリューション・システムズ社
シグニファイ
オスラム
スカイグリーンズ

同調査は、近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測。調査対象となる各地域・国における産業の質的・量的側面を取り込むように設計されており、市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供している。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る