Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業IoT用ソーラー型ゲートウェイ「Agri Palette NEXT」販売開始 Momo2021年7月21日

一覧へ

株式会社Momo(兵庫県神戸市)は7月21日、農業IoT用ソーラー型ゲートウェイ「Agri Palette NEXT」の販売を開始。電源確保が難しいほ場でのセンシングが可能になる。

電源の確保が難しいほ場にセンシングシステムを導入できるAgriPalette電源の確保が難しいほ場にセンシングシステムを導入できるAgriPalette

「Agri Palette」は、植物に必須の土壌(土壌水分量・土壌温度・土壌EC・土壌Ph)と空気(気温・湿度・二酸化炭素濃度)と日照量のデータをセンサで取得し、ゲートウェイ(受信機)を通じてウェブのデータベースに記録し、アプリで可視化するセンサーシステム。複数の農家がデータを共有し地域における同一生産品目の生産性を向上する農業IoTソリューション「Agri Palette With」を導入する神戸市西区の伊川健太郎トマト部会で、ゲートウェイ(受信機)のソーラー化実証実験を経て、ソーラー型ゲートウェイ「Agri Palette NEXT」の、販売を開始した。

ゲートウェイ(受信機)は、常時データを受信する必要があるため、従来型ではAC電源を必要としたが、トマト部会内では電源の確保が難しい圃場もあった。今回、ゲートウェイをソーラー化させる事で電源確保の難しいほ場にも農業用センサを適用することが可能となった。ソーラ型ゲートウェイ「Agri Palette NEXT」は同社が販売する「Agri Palette」のセンサを自由に組み合わせて使える。

「Agri Palette With」を導入した伊川健太郎トマト部会からは、「AC電源確保できない場所でも使えるので、ほ場の選択肢が広がる」「農家の意識は変わった。ハウス内の温度を数値で見る習慣が付いた」などの声が寄せられている。「AgriPalette NEXT」は1台11万9800円(税別)。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る