石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

オリーブにハンエンカタカイガラムシ 国内で初めて確認 鹿児島県2022年1月19日

一覧へ

鹿児島県病害虫防除所は、日置市のオリーブで、ハンエンカタカイガラムシの発生を確認。これを受け、1月13日に病害虫発生予察特殊報第2号を発令した。

枝への寄生とすす症状の発生状況枝への寄生とすす症状の発生状況(写真提供:鹿児島県病害虫防除所)

2021年9月に、日置市のオリーブ(露地栽培)でカイガラムシ類の寄生を確認。寄生された果実や枝葉では、すす症状の汚れが見られた。門司植物防疫所鹿児島支所にこの虫の同定を依頼した結果、ハンエンカタカイガラムシと確認された。同防除所は1月13日現在、他市町村のオリーブでの発生は認めていない。

被害は枝葉に寄生し、多発すると落葉するほか、排泄物(甘露)で枝葉や果実がべたつき、すす病が誘発されることから、果実の品質が損なわれ、樹勢が低下する。

未成熟成虫は、背面にH型の隆起線がある未成熟成虫は、背面にH型の隆起線がある(写真提供:鹿児島県病害虫防除所)

雌成虫の体長は2~4ミリ、未成熟成虫の体表面は平らで暗色斑のある淡黄色~桃色でH型の隆起線がある。成熟成虫の背面は著しく隆起して硬皮し、黄褐色~茶褐色で光沢がある。また、老熟成虫はH型の隆起線が消失し、虫体表面は完全になめらかとなる。

カンキツ類、コーヒーノキ、ソテツ、バンジロウなど極めて寄主範囲が広い。熱帯果樹類の害虫として知られるほか、温室内の1年生草本に至るまで、多くの植物を加害。オリーブへの寄生の報告は国内初となる。

生態としては、雌だけで増殖する単為生殖。年間世代数などは明らかではないが、発生は不規則で、年間を通して幼虫から成虫までの各発育段階のものがみられる。

未成熟成虫は、背面にH型の隆起線がある未成熟成虫は、背面にH型の隆起線がある(写真提供:鹿児島県病害虫防除所)

世界中の熱帯,亜熱帯に広く分布し、国内では九州南部、南西諸島、八丈島、小笠原諸島で野外に発生。各地の温室にもごく普通にみられる。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇寄生枝葉を認めた場合は、速やかに除去し、ほ場外に持ち出し適切に処分する。

〇オリーブの苗を定植する際は、同種の寄生に十分注意する。

〇薬剤はモベントフロアブルがカイガラムシ類に登録がある(表1)。登録内容を遵守し適切に散布する。

モベントフロアブルの登録内容

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

注目のテーマ

注目のテーマ

全農人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る