おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小学校跡地を活用した「春日部みどりのPARK」4月22日にオープン2022年4月7日

一覧へ

株式会社JPP、株式会社セキドパートナーズ、株式会社積木製作、但馬米穀株式会社の4社は埼玉県春日部市の旧富多小学校跡地を活用し、「春日部みどりのPARK」を4月22日にオープンさせる。

小学校跡地を有効活用した農業研究施設「春日部みどりのPARK」小学校跡地を有効活用した農業研究施設「春日部みどりのPARK」

JPPは鉄骨ハウスやポリカハウス、LEDライトや大型農業機械の自動操縦システムなどが主力商品。セキドパートナーズはドローンに、積木製作はIT技術に、そして但馬米穀は水稲に関して造詣が深い。この4社が同じ敷地に入居して、次世代農業やロボティクスに関する研究開発等を行う。

同施設は小学校の跡地を活用したものであり、既存建物や自然資源などを活かし、地域の環境を損なうことなく、次世代農業やロボティクスの研究を通して魅力や賑わいを創出し、地域の活性化にも寄与する事業。最大のメリットは、研究開発を行いやすい広大な敷地と建屋を借りることができる点。広々とした校庭や体育館は研究に、教室は屋内での研究や事務作業に利用できる。また、研究開発を行うだけでなく、一般市民や農業生産者、研究者などを招待した見学会やスクール、講習会、体験会などのイベント活動も予定されている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2022

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る