おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

ムギ類に赤かび病 県内全域で発生 開花から10日前後の感染に注意 三重県2022年4月22日

一覧へ

三重県病害虫防除所は、ムギ類に赤かび病の発生を県内全域で確認。これを受け、4月21日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

今年のコムギの出穂期は平年並からやや早く、伊勢平坦部で4月中旬以降開花が始まっている。コムギの開花始めに当たる4月中旬は、曇雨天が続き、平均気温は16.6℃と平年の14.0℃より高く推移。1か月予報(4月14日・名古屋地方気象台発表)によると、向こう1か月の平均気温は高くなり、降水量は平年並か多い見込み。

ムギ類では開花から10日前後の間が赤かび病に最も感染しやすく、この間に降雨があって、気温が20~27℃の時に感染が激しくなる。こうした気象状況は、赤かび病発生の好適条件となることから、多発することが予想されるため注意が必要。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇防除適期は開花始めから開花盛期。開花前、あるいは開花後の薬剤散布では防除効果が劣る。薬剤は三重県農薬情報システムで検索を。

〇ほ場をよく観察して、播種時期ごとに出穂および開花状況を把握し、薬剤を散布する。

〇開花期以後に降雨が続き、気温が高く推移した場合は、開花期防除の7~10日後に追加防除を行う。

〇追加防除を行う場合は、系統の異なる薬剤をローテーション散布し、感受性の低下を防止する。

【三重県農薬情報システム】

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る