おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

富士通とAI画像解析による「茶葉の摘採時期判断技術」開発 伊藤園2022年5月11日

一覧へ

伊藤園と富士通は、AI画像解析により茶葉(茶芽)の摘採時期を簡便に判断する技術を共同開発。伊藤園が展開する茶産地育成事業の契約産地で試験運用を開始する。

富士通とAI画像解析による「茶葉の摘採時期判断技術」開発 伊藤園

この技術は、伊藤園の茶栽培に関する知見と、富士通鹿児島インフォネットの画像解析技術および富士通のAIの機械学習を組み合わせて共同開発した画像認識アルゴリズムを活用。スマートフォンで撮影した摘採(収穫)前の茶葉の画像をクラウド上でAI解析し、摘採時期の判断指標となるアミノ酸量や繊維量を推定する。2022年の新茶摘採から同技術の試験運用を始め、画像認識アルゴリズムの正確性や実用性を検証。両社は、茶葉の摘採時期を簡便に判断できる技術の確立に向けて協働し、2023年の新茶摘採から契約産地で本格展開を目指す。

最新の記事

コルテバ・リンズコア右上長方形:SP

みどり戦略

おきなわ50年バナーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る