2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCトップSP:育苗箱混合剤
FMCセンターPC:ベネビア®OD
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

害虫を超音波の振動で撃退 タバココナジラミなど難防除害虫の新たな防除法を開発 農研機構2022年5月24日

一覧へ

農研機構とピクシーダストテクノロジーズは、多くの化学農薬に対し耐性をもつ農業害虫のタバココナジラミとワタアブラムシに超音波を用いた非接触力を与えると、作物から離脱することを明らかにした。

タバココナジラミ成虫のオス(左)とメスタバココナジラミ成虫のオス(左)とメス

タバココナジラミとワタアブラムシは、様々な野菜や観葉植物、花き類などを加害する重要害虫。食害やすす病が問題となるだけでなく、多種の植物ウイルスを媒介することから、深刻な被害が世界中で広がっている。これらの害虫の防除には化学農薬が使われているが、様々な化学農薬に対して強い耐性を示すことから、化学農薬だけに頼らない、新たな防除技術が求められている。

超音波集束装置を用いた害虫類の離脱試験の模式図超音波集束装置を用いた害虫類の離脱試験の模式図

今回、農研機構とピクシーダストテクノロジーズは、作物上のタバココナジラミとワタアブラムシに超音波を用いた非接触力を与えて反応を観察したところ、作物から離脱することを明らかにした。特にタバココナジラミについては、1~480Hzの振動を1分間与えることで、50~60%の成虫を照射した葉から追い払った。また、非接触力を飼育箱中のタバココナジラミに計8時間(1日あたり4時間)与えると、産卵数が半減。超音波を用いた非接触力が害虫防除に有効であることが示された。

同成果から、超音波を用いた非接触力は、化学農薬を用いずに害虫を防除できる点で、これまでになかった物理的防除技術の開発に役立つと考えられる。今後の実用化に向けて、温室内全域を移動可能な装置を開発し、離脱した害虫を粘着板や吸引機などで回収可能か検討していく。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る