人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

循環型農業「アクアポニックス」の保守サービス提供開始 アクポニ2023年5月25日

一覧へ

アクポニは6月1日、同社の循環型農業「アクアポニックス」のシステム導入事業者を対象に、保守サービスの提供を始める。周辺機器に不具合が発生した際の修繕に対応し、アクアポニックスで栽培する野菜や魚が衰弱するリスクを低減。また、メンテナンスサポートでは定期的な訪問と保守点検により、円滑な農場運営をサポートする。

「アクポニハウス30」の保守点検イメージ「アクポニハウス30」の保守点検イメージ

アクアポニックスは高い生産性と作業のしやすさが特徴である反面、日本ではまだ導入年数が短い農法であるため、万が一の機器トラブルが生態系の崩壊に直結し、作物が全壊するケースも想定される。

同社は2014年に創業した、日本におけるアクアポニックスのパイオニアとして、アクアポニックスの専門知識と豊富な実績をもとに、導入後も安心して農場を運営できるサービスを提供。新たに提供する保守サービスは「メンテナンスサポートL(ラージ)」「メンテナンスサポート」と「シンプルサポート」の3つのプランで、円滑な農場運営をサポートする。

<保守サービス概要とプラン詳細>

■メンテナンスサポートL(ラージ)
100㎡以上の農場が対象のプラン。故障・トラブルに関して、24時間以内に対処法の提案する。「ポンプが止まってしまった」「水漏れが発生した」などの緊急事態にも修繕対応し、野菜・魚が死滅するリスクを低減。また、定期的な訪問点検と状況ヒアリングを行い、必要に応じてメンテナンスや代行修理を実施。

対象:アクポニ独自のパッケージ農場。「アクポニハウス」の場合は、「アクポニハウス100」が対象
費用:月額7700円(税込)※訪問は4か月に1度程度

■メンテナンスサポート
100㎡未満の農場が対象のプラン。サポート内容はメンテナンスサポートLと同様で、故障・トラブルに関する24時間以内の対処法の提案および定期的な訪問点検と状況ヒアリングにより、必要に応じてメンテナンスや代行修理を実施。

対象:アクポニ独自のパッケージ農場「アクポニハウス」の場合は、「アクポニハウス30」および「アクポニハウス5」が対象。
費用:月額5500円(税込)

■シンプルサポート
故障・トラブルに関して、24時間以内に対処法の提案を行うシンプルなプラン。
費用:月額1100円(税込)

<申し込み条件と支払い方法>

対象者:アクポニのシステム導入者
支払い方法:Paypal(クレジットカード払い)
契約期間:1年〜

保守サービス概要保守サービス概要

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る