左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
片倉コープアグリ:SP ペースト二段施肥
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

【注意報】水稲に「穂いもち」府内全域で平年より多発のおそれ 京都府2023年7月24日

一覧へ

京都府病害虫防除所は、水稲にいもち病(穂いもち)が平年より府内全域で多発のおそれがあるとして、7月21日に令和5年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

7月中旬に行った巡回調査の結果、葉いもちの発生量は山城では平年比やや多く、南丹と中丹では平年比多く、丹後では平年並。全体では平年比多く発生している(表1)。

一部ほ場では、上位葉に進展型病斑が認められることから、今後の天候によっては穂いもちへの感染が懸念される。また、移植時の箱施用薬剤の効果が低下する時期となっている。

7月20日発表の近畿地方1か月予報では、向こう1か月の気温は平年比高く、降水量及び日照時間はほぼ平年並の予想。また、いもち病発生予察システムBLASTAM(アメダス)によると、7月1日から20日にかけて広い範囲で感染好適条件、準好適条件が記録されている。

表1:葉いもち巡回調査結果(7月第3~4半旬)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇上位葉へ進展した葉いもちの病斑は、穂いもちの重要な伝染源となる。

〇コシヒカリ、ヒノヒカリ、祝など発病しやすい品種や、すでに葉いもちが多発している田、山間部では特に注意し、防除適期に薬剤防除を実施する。

〇出穂後曇雨天が続く場合には、傾穂期前後にも防除を行う。特に枝梗は遅くまで菌の侵入を受けるため、枝梗いもちの発生に注意する。

〇葉いもちの発生が多い場合は、治療効果がある薬剤(カスガマイシン剤:商品名カスミン剤等、フェリムゾン・フサライド剤:商品名ブラシン剤等)で防除する。

〇防除の際には、周辺ほ場に農薬が飛散しないよう十分に注意する。

〇特別栽培米に取り組んでいる場合は、農薬を使用する前に、普及センターや農協に相談を。

〇農薬の選択に当たっては普及センター、農協等と相談し、使用時期(収穫前日数)や使用回数等の使用基準を遵守して適正に使用する。なお、最新の農薬情報は農林水産省ホームページの「農薬コーナー」の「農薬情報」を参照する。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る