左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

【注意報】いねに斑点米カメムシ類 県下全域で多発のおそれ 山形県2023年8月4日

一覧へ

山形県病害虫防除所は、いねに斑点米カメムシ類(アカスジカスミカメ)が県下全域で多発のおそれがあるとして、8月3日に令和5年度病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

アカスジカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)アカスジカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)

8月前半(7月31日、8月1日)に実施した畦畔・農道等におけるすくい取り調査(調査地点数:44か所)の結果、斑点米カメムシ類の発生確認地点率は84.1%(平年:59.8%)で高く、平均すくい取り虫数は27.5頭(平年:8.7頭)で多い。

また、水田内におけるすくい取り調査の結果、斑点米カメムシ類の発生確認地点率は34.1%(平年:26.8%)でやや高く、平均すくい取り虫数は1.3頭(平年:1.1頭)で平年並。畦畔・農道等において、イネ科雑草が繁茂しているところで多くすくい取られ、100頭を超えるところも見られる。

向こう1か月の気温は高いと予報されており、斑点米カメムシ類の水田内への飛来や加害活動が活発になると推測される。

アカヒゲホソミドリカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)アカヒゲホソミドリカスミカメ(写真提供:山形県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇穂揃期および穂揃期7~10日後の2回の基本防除を徹底する。なお、圃場の出穂状況をよく確認し、適期に防除する。

〇航空防除や無人航空機等による防除を計画しているところでも、天候等により防除時期が計画より遅れる場合には、個人防除を実施する。

〇近年、8月後半以降の加害リスクが増加傾向にあるため、穂揃期7~10日後の薬剤防除(基本防除2回目)を実施後に水田内のすくい取り調査を行い、斑点米カメムシ類の飛来・生息が確認された場合は、基本防除2回目の防除から7~10日後に補完防除を実施する。ただし、農薬の収穫前使用日数を厳守し、使用回数を超えないように薬剤を選定する。

〇水田内にイヌホタルイ等のカヤツリグサ科雑草やノビエが多い圃場では、斑点米カメムシ類の水田内での発生が多くなるため注意する。

〇畦畔・農道等水田周辺の草刈りは、斑点米カメムシ類の水田侵入を促し、斑点米の発生を助長するので原則行わない。やむを得ず草刈りを行う場合は、水田の薬剤防除計画に合わせて実施する。

〇薬剤抵抗性出現を防止するため、同一成分の薬剤の連用を避ける。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る