人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

ゼロアグリ×ネタフィム 点滴潅水のリアルを語る共同ウェビナー「点滴潅水入門」開催2024年3月1日

一覧へ

ルートレック・ネットワークスは3月12日、農業の精密潅水システムを扱うイスラエル発のアグリテック企業ネタフィムの日本支社であるネタフィムジャパンと「点滴潅水入門ー作物、人、環境、三方良しの栽培方法ー」を開催。環境負荷による気候変動や肥料高騰による生産者の悩みに向き合い、解決策を考えるためのウェビナーを実施する。

ゼロアグリ×ネタフィム 点滴潅水のリアルを語る共同ウェビナー「点滴潅水入門」開催

同ウェビナーでは、作物の品質安定や環境負荷の削減を実現できる、点滴潅水方法について、実際何がどう作物に良いのか、他の潅水方法との違い、チューブの特徴による作物の品質への影響など、ネタフィムジャパンのアグロノミスト・田川不二夫氏と、ルートレック・ネットワークスの中日本エリアマネージャーの八坂三紀氏が掘り下げる。

また、田川氏からは、ネタフィム社の最新の潅水チューブや周辺の備品、他社との違い、様々な作物への展開事例等も伝える。ルートレック社のAI潅水施肥システムについても、栽培状況に合わせて潅水施肥をコントロールする精密農業のメリットやその活用事例、補助金の活用について紹介する。

対象は、点滴潅水について、仕組みはおよそ知っているが、作物ごとの活用状況を知りたいなど最新の潅水設備や、スマート農業の活用、点滴潅水・精密農業などについて興味がある生産者や、JA営農、資材担当者、自治体や農業指導員など。

◎ウェビナー「点滴潅水入門ー作物、人、環境、三方良しの栽培方法ー」概要
日時:3月12日16時~17時
視聴方法:ZOOM
定員:先着100人
参加費:無料
問い合わせ:ルートレック・ネットワークス セミナー運営事務局(電話)0120-508-502

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る