人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

【注意報】タマネギべと病 県内全域で多発のおそれ 滋賀県2024年3月27日

一覧へ

滋賀県病害虫防除所は、タマネギべと病が県内全域で多発のおそれがあるとして、3月26日に令和5年度病害虫発生予察注意報第4号を発令した。

写真1:越年り病株葉が湾曲し、退色して淡黄緑色になる(写真提供:滋賀県病害虫防除所)写真1:越年り病株葉が湾曲し、退色して淡黄緑色になる(写真提供:滋賀県病害虫防除所)

滋賀県病害虫防除所によると、3月中旬(3月11日~14日)に県内16地点で行った調査において、タマネギべと病(写真1、2)の発生ほ場率は、62.5%(過去7年間の平年値:41.4%)、発病株率は2.8%(同平年値:1.7%)と発生がやや多い。

大阪管区気象台が3月21日に発表した向こう1か月の気象予報では、気温は高く、降水量は多い見込み。同病の感染に好適な条件が続き、さらに発生が多くなることが懸念される。

写真2:二次感染株病斑葉に淡黄緑色の病斑を形成(写真提供:滋賀県病害虫防除所)写真2:二次感染株病斑葉に淡黄緑色の病斑を形成(写真提供:滋賀県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇前年発生があったほ場や、例年発生が認められるほ場では、特に注意して発生状況を確認する。

〇越年り病株(写真1)や、症状が激しい二次感染株(写真2)の発生を認めた場合、速やかに発病株を抜き取り、ほ場外への持ち出しを徹底する。

〇発病株の抜き取り後は、治療効果のある薬剤で早急に防除を実施する。

〇同病の発生が認められない場合でも、胞子飛散による感染を防ぐため、感染前の予防散布を徹底する。

〇ほ場の排水が悪いと発病を助長するため、排水対策を徹底する。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る