人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

「無農薬いちごコンテナ」熊本で生産開始 12月から生産システムをパッケージ販売 ゼブラファーム2024年6月21日

一覧へ

ゼブラファーム(東京都千代田区)は6月21日、熊本市で「無農薬いちごコンテナ生産」を開始することを発表。農地に依存せずに無農薬いちごを安定生産するシステムをパッケージ化し、12月から販売を予定している。

「無農薬いちごコンテナ」熊本で生産開始 12月から生産システムをパッケージ販売 ゼブラファーム

ゼブラファームは、ポリエステル媒地を利用した生産により、農地に依存せず、かつ連作障害の影響を受けない高品質な無農薬いちごを安定して生産するシステムを開発。二酸化炭素およびエネルギーコストを50%以上削減した技術を導入することで環境にやさしい栽培方法を実現する。

大阪府寝屋川市でハウス栽培しているいちごでは糖度15~16度以上の生産に成功しており、熊本市でのコンテナ生産では果皮が柔らかい「よつぼし」いちごで糖度15度以上を目標に生産する。

コンテナ生産(栽培)の特長は、「高生産」「高品質」「高収益」。このコンテナ生産では年間を通して3〜4サイクルで生産・収穫でき、ハウス栽培一反分のパフォーマンスが得られる。企業の空いた敷地を有効活用でき、本業にプラスして副業(新規事業)として農業に取り組むことが可能。

空き敷地の有効活用で副業収益空き敷地の有効活用で副業収益

同社代表取締役の木村太一氏は「次世代の農業を担う若者たちの参入を支援し、地域社会と共に成長していきたい」とコメント。今後は、12月からコンテナ生産システムのパッケージ販売を始め、多くの企業や個人に向けて無農薬いちごの魅力を伝えていく。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る