秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

塩化カリ安定供給で協力継続 JA全農とカナダ2013年10月7日

一覧へ

カナダ・サスカチュワン州首相、カンポテックス社社長が全農を表敬訪問

 カナダのカリ生産の中心地であるサスカチュワン州のブラッド・ウォール州政府首相と、同州にある世界最大の塩化カリ輸出会社であるカンポテックス社のスティーブ・デッカ社長が来日。10月3日、JA全農の中野吉實会長を表敬訪問した。

◆50年以上のパートナーシップ 友好関係を継続

会談に出席した代表ら(左から)神出専務、中野会長、ブラッド首相、デッカ社長 カンポテックス社と全農は、1962年にカリの輸入を始めて以来50年を超える取引がある。現在も年間で約1000万トン、総輸入量の約8割を占める。中野会長は「もっとも信頼ある山元」だと述べ、全農のめざす高品質な農産物の生産のためにも「これからも高品質なカリを安定的に供給してもらいたい」とあいさつした。
 ブラッド首相は、「私が8歳の時、カンポテックス社と全農の取引が始まった。今後も世界的な食料需要の増大で、塩化カリの需要は高まるだろうが、これまで築き上げてきたパートナーシップをこれからも続けられるようにしたい」と応えた。

(写真)
会談に出席した代表ら(左から)神出専務、中野会長、ブラッド首相、デッカ社長


◆TPPで意見交換

デッカ社長から全農へ、サスカチュワン州の美しい風景を描写した絵が寄贈された この日は、このほか、全農からは神出元一専務、上園孝雄肥料農薬部長など、カナダからはアランナ・コッホ同州農相などが出席。会談では、両国が交渉に参加しているTPPの話題が中心となった。
 コッホ氏は「TPPが成立すれば、両国の農産物の輸出入の条件は大きく変わるだろう。サスカチュワン州では、すでに日本の醸造会社に依頼されてビール用の大麦を生産しており、今後も日本のニーズに応じた穀物を生産していきたい」と述べたのに対し、神出専務は、「日本の交渉のスタンスは、重要5品目は守るというのが前提。カナダでも、守りたい農畜産物はあると聞いている。(これらの農畜産物の関税撤廃については)ともにNOの立場で協力していきたい。ただし、麦の需要900万トンに対し、現在の自給は90万トンしかなく、自国で生産できないものについては、協調していきたい」と応えた。
 そのほか、同州に人が定住を始めた100年前には「(気候が寒いため)農業は難しいと言われたが、イノベーションで技術を高めて生産を可能にした」(ブラッド首相)ことから、双方ともに農業技術の提携などを積極的に行っていきたいとの意見で合意した。

(写真)
デッカ社長から全農へ、サスカチュワン州の美しい風景を描写した絵が寄贈された


(関連記事)

米砂糖団体「関税撤廃正しくない」 全中と連携(2013.09.04)

農業の重要性、認識一致 林農相とカナダの農業大臣(2013.03.04)

秋肥価格を値上げ JA全農(2013.05.31)

【TPP情勢】 カナダ、メキシコがTPP交渉参加  2013年を新たな妥結目標に(2012.10.19)

中国の肥料製造会社の株式譲渡で調印式  JA全農(2012.04.25)

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る