想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

関東屈指の展示会 アグリンピックが盛況2013年12月12日

一覧へ

2日間で70JA3500人が来場

 12月11、12日の2日間、茨城県立カシマサッカースタジアム特設会場で「JA&クボタ アグリンピック2013」が開催された。

 アグリンピックは、JA全農グループとクボタアグリサービス(株)が共催するイベント。これまではクボタの筑波工場や宇都宮で開催されていたが、今回で節目となる10回目の開催を迎えたこともあり、会場を鹿島に移し、会場規模を大幅に拡大して開催した。
 今回のキーワードは、農業の未来を見つめる「農業魂」。「JA&クボタ アグリンピック2013」や「農業魂」と描かれたポスターやのぼり旗が掲げられた会場には、2日間で関東エリアを中心に、新潟・長野・福島・宮城各県から、約70JAの組合員農家など3500人以上が参加した。
 クボタは会場に、国内最大級の大型トラクタ「GLOBE」や、フラッグシップモデルの田植機、「WORLD」シリーズのトラクタ、コンバイン、田植機、JA特別仕様の田植機など620点の農業機械を出展。関連メーカーも昨年の倍となる60社が協力し出展した。展示ブースは機種別ではなく、作物・作業体系別の展示となった。
JA全農生産資材部農業機械課の山中嗣貴副審査役 水稲、果樹、野菜、畜産・酪農、中山間地、乾燥・調整などのコーナーが設けられ、来場者の便を図った。
 主催者あいさつで、JA全農生産資材部農業機械課の山中嗣貴副審査役(=写真左)は「見て、乗って、体験して頂きたいという思いから、クボタの協力を得て開催した。関東屈指の農機展示会だと思う。農家の営農にとって無くてはならないものが農業機械だ。安価で高性能で楽な作業を、という多様な要望に応えられる農機が揃っている。是非検討頂きたい」と述べた。
クボタアグリサービスの江草徹関東甲信越統括部長 クボタアグリサービスの江草徹関東甲信越統括部長(=写真右)は「JAグループとクボタの触れあいの場になれば、と思う。お客様からも私どもに要望、提案を頂ければ嬉しい。今年の流行語に『おもてなし』があったが、我々スタッフも全力でおもてなしをしたい」とあいさつした。
 セミナー会場では、関東農政局の西山明彦次長による講演「今後の農政の展開方向」や、水稲鉄コーティング直播のセミナーも開催され、終日盛況だった。

国産最大のトラクタ「GLOBE」 JA仕様の特別装備を備えた田植機

(写真)
左:国産最大のトラクタ「GLOBE」
右:JA仕様の特別装備を備えた田植機


(関連記事)

パーム油廃液処理設備を初受注 クボタ(2013.11.18)

国内外で農機販売好調 クボタ(2013.11.06)

北米最大規模の水処理施設を受注 クボタ(2013.10.22)

ガソリン田植機「ラクエルα」シリーズ クボタ(2013.08.26)

新農法「鉄コーティング直播」専用機 クボタ(2013.08.01)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る