想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

管理作業に最適トラクタRTSハイクリ仕様発売 ヰセキ2018年1月10日

一覧へ

 井関農機(株)は、好評のトラクタ「レスパ」RTSシリーズに、さまざまな作物作業体系で使えるハイクリアランス仕様を新たに追加し、販売を開始した。

 稲作農家の経営規模拡大や担い手農家への農地集約が進む一方、収益性の高い野菜作への関心が高まっている。近年、稲作から野菜作への転作が進む中、管理用に特化したトラクタのニーズが増加しており、条件適応性が高く、さまざまな作物で使用可能なトラクタが求められている。
 このたび同社は、2016年に発表した新型トラクタ「レスパ」RTSシリーズにハイクリアランス仕様を新たに型式設定し、発売した。ハイクリ仕様で管理作業に特化しているが、耕うん作業やうね立て、防除、カルチ作業など多彩な作業に対応できる。

「レスパ」RTS25-S54J(写真)「レスパ」RTS25-S54J

 
 
◎「レスパ」RTS25-S54Jの主な特長
1.畑での管理作業に最適なハイクリアランスと、作物ごとの栽培体系に応じて調整可能な可変トレッドを採用。
2.野菜作等の多種多様な栽培体系に対応できるよう、トレッド範囲がより広く調整できるワイドトレッド仕様を新規設定した。また、水田転作向けのハイラグタイヤと、畑作向けのローラグタイヤを設定し、使用条件により選択できるなど、バリエーションの充実を図った。
3.快適な作業性を追及し、旋回時に片ブレーキが自動で作動するシンプルオートブレーキを採用、オペレーターの体格に合わせハンドル位置を調整できるチルトステアリングや、長時間労働でも疲れにくいデラックスシートを採用した。
4.安全性、メンテナンス性向上を図り、片ブレーキ誤操作防止装置の採用や、追突事故を防止する低速車マーク大型反射板を標準装備、メンテナンス性に優れたフルオープンボンネットを採用した。
5.親切装備として、トラクタの乗降に便利なアシストグリップや、シート下によく使う工具を収納する工具箱を配置、給油口そばに燃料タンクを置く給油台を採用、燃料残量警告灯と満タンブザーなどを採用した。
 「レスパ」RTS25-S54Jの希望小売価格は278万1000円~284万400円(税込)。販売目標台数は年間60台、平成29年12月から販売を開始した。

 

(関連記事)
歩行型草刈機「プチもあ」新発売 ヰセキ(17.12.19)
農業女子PJコラボ農機「歩行型草刈機」を発表 井関農機(17.12.15)
「ファーマーズ&キッズフェスタ2017」開催 JAグループ・ヰセキ(17.11.13)
丸の内農園に農業女子とのコラボ農機出展 ヰセキ・丸山(17.11.07)
「夢ある農業女子応援Project in東北」開催 井関農機(17.08.08)
ロボトラなど新商品を発表 井関農機(17.06.15)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る