Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

最新の技術に20万人超 国際農業機械展 in 帯広2018年7月19日

一覧へ

・ICTや大型収穫機に高い関心

 国内最大規模の農業機械展「第34回国際農業機械展in帯広」が、7月12日から16日までの5日間、北海道帯広市で開かれた。国内外を問わず、農業機械や施設、農畜産物の加工機械等に係るメーカーやディーラーなど約130の企業、団体、研究機関などが出展。期間中、約20万人超の来場者で賑わった。

5日間で20万人超の来場者で賑わった第34回国際農業機械展(写真)5日間で20万人超の来場者で賑わった第34回国際農業機械展

 

 この農業機械展は4年に一度開かれ、時代の最先端をいく農業機械が出展される。今年のサブタイトルは「ICTとともに更なる未来へ 」。会場の北愛国交流広場特設会場には、ICT(情報・通信技術)を使ったトラクターや外国製の大型収穫機などが出展され、国内だけでなく、アジアなど海外からも多くの来場者があった。
 この展示会は昭和22(1947)年、自由市場交換即売会として始まったもので、平成14(2002)年の第30回からは、国際色を強めた4年に一度のイベントとして、北海道の農業の機械化、経営規模の拡大とともに進んできた。主催はホクレン農協連合会や十勝地区農協連合会、(一社)北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会などで、十勝地区農協組合長会も特別協力団体として加わっている。

 

(関連記事)
生産者の声反映した共同購入大型トラクター決定 JA全農(18.06.29)
機能を絞りモデル農機 「所有」から共同利用へ【冨田健司・JA全農生産資材部長】(18.06.27)
トラクタT.Japanなど新商品を発表 井関農機(18.06.14)

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る