左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トラクタT.Japanなど新商品を発表 井関農機2018年6月14日

一覧へ

 井関農機(株)は6月13日、茨城県つくばみらい市の同社「夢ある農業総合研究所」で、2018年度下期新商品として最新農機11品目22型式を発表した。

フラッグシップ機「T.Japan」の前に立つ木下社長(左)と縄田営業本部長(写真)「T.Japan」の前に立つ木下社長(左)と縄田営業本部長

 

 木下榮一郎社長は発表会で「農地の大規模化、畑作・野菜作への転換など日本農業の構造変化に対応していくために、当社のフラッグシップ機であるJapanシリーズに新機種としてトラクタ、コンバインを、また低価格ニーズに応え、シンプルモデル第二弾を発表する」と挨拶した。
 今回発表されたヰセキトラクタT.Japanは、担い手農家向けの大型トラクタだ。「TJV」4型式と「TJW」2型式が発表された。コンバイン「ジャパン」は、自脱型最高峰、フラッグシップコンバインを標榜するHJシリーズの4型式。
 また、複数台所有する担い手農家の低価格ニーズに応え、シンプルディーゼル仕様の7条植・8条植の田植機や、低価格の4条・5条コンバインも新発売された。拡大する野菜作市場に向けては、キャベツ・たまねぎに対応した全自動野菜移植機や、たまねぎ収穫機も新登場した。
 閉会の挨拶で縄田幸夫営業本部長は「フラッグシップ農機のオールジャパンで日本農業を支えていく。新商品発表会で担い手農家向け15型式を一度に発表したのは初めてのことになる。また多様化するニーズに対応し、低価格シンプル農機を発表した」と述べた。

 

(関連記事)
5万人が堪能 第16回ふるさとの食にっぽんの食フェス(18.03.12)
低コストなマニュアルトラクターを導入 ヤンマーが「YT3シリーズ」に(18.03.30)
全自動野菜移植機「ナウエルエース」に新型式(18.01.19)
ヰセキ全国表彰大会に1000人 井関農機(18.01.17)
管理作業に最適トラクタRTSハイクリ仕様発売 ヰセキ(18.01.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る