左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

歩行型だいこん引抜機が開発賞を受賞 井関農機2018年10月1日

一覧へ

 井関農機(株)が開発した歩行型だいこん引抜機が、9月10日に愛媛大学で行われた農業食料工学会総会で「2018(平成30)年度開発賞」を受賞した。

農業食料工学会総会で2018(平成30)年度開発賞を受賞した歩行型だいこん引抜機 だいこん収穫機は大型乗用タイプが主流となっているが、今回受賞した製品は、軽量コンパクトで、重労働な手作業での引抜作業を軽労化できる。また、軽トラックへの積載ができ、離れたほ場への運搬が楽に行える。
 この賞は、農業食料工学会が農業食料工学の技術の進歩に貢献したと認められる製品・技術に授与するもの。

 

(画像)農業食料工学会総会で「2018(平成30)年度開発賞」を受賞した歩行型だいこん引抜機

 

(関連記事)
さなえ図画コン 最優秀賞に古屋麻奈実さん 井関農機(18.09.27)
【キーワード農政・スマート農業】「政府全体で推進 社会実装へ」山田広明・農林水産省大臣官房政策課技術政策室長(18.07.27)
トラクタT.Japanなど新商品を発表 井関農機(18.06.14)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る