農機・資材 ニュース詳細

2019.09.05 
日本製農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」 新モデルを販売開始一覧へ

 ドローン総合サービス事業を行う(株)FLIGHTS (東京都品川区) は、日本製の農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」(フライトエージー)の新モデルを9月から販売開始した。

「FLIGHTS-AG」の新モデル

「FLIGHTS-AG」の新モデル

「FLIGHTS-AG」の新モデル 3月に発売された旧モデルを導入した農家や農薬散布事業者が、今夏の農薬散布で利用した際の意見や要望を元に機能の改善と拡充を行った。
 新モデルは、散布ノズルの設置箇所を、旧モデルのサイドバーからモーター下へと変更することで、ダウンウォッシュを有効にし、より均一に散布できるようになった。散布の均一性を示す変動係数は「0.087」で、農林水産航空協会による機体性能確認時の合格値の「0.3以下」に準じている。
 また、厳しい品質基準をクリアした高品質な金属製の散布ノズルチップを採用し、作物や利用する農薬によって、最適なノズルチップに対応する。
 さらに、飛行高度、飛行距離(離陸地点より)、飛行速度、バッテリー電圧を、送信機に表示する機能を搭載。手元の送信機で、飛行中のドローンの状況を正確に把握できる。また、飛行時の発熱を抑えたモーターに変更し、夏場の農薬散布適期において、より安定した飛行を実現する。
 タンク容量は10リットル。送信機、バッテリー2本、バッテリーチャージャーがセットで82万円(税別)。

(写真)散布ノズルをモーター下に付けた

「FLIGHTS-AG」の新モデル

バッテリー、バッテリーチャージャーがセット

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ