農機・資材 ニュース詳細

2019.11.22 
収穫・調整作業がラクに コマツナ新品種「さくらぎ」発売 サカタのタネ一覧へ

 サカタのタネは、極立性で収穫・調整作業性に優れるコマツナの新品種「さくらぎ」の種子を2020年6月下旬から発売する。同社はコマツナの中軸を担う品種として、積極的に拡販していく。

コマツナの新品種「さくらぎ」コマツナの新品種「さくらぎ」

 「さくらぎ」は、中早生の品種。最大の特長は極立性のためほ場で葉が絡まず、細根が少ないため土が付きにくい。また、下葉が取りやすいなど収穫・調整作業性に優れている。コマツナ栽培では、収穫・調整作業は全労働時間の約8割とも言われ、野菜品目の中でもとりわけ収穫・調整の省力化が重視される。
 また、葉肉、葉柄が厚い上に株張りがよいため重量が乗りやすく、照りのある葉と極立性の草姿で見栄えも優れた高収量、高品質を期待できる品種だ。
 栽培面では、主根が長く深いため、乾燥によるカッピングやチップバーンが発生しにくく、春・秋に発生しやすい白さび病や、夏に発生しやすい萎黄病に耐病性がある。
 また、寒さ、暑さへの適応範囲が広く、気候が読みにくい季節の変わり目でも栽培できる。
 「さくらぎ」は、第64回全日本野菜品種審査会1等特別賞、農林水産大臣賞を受賞。
 コマツナ「さくらぎ」の種子の希望小売価格は20ml袋で520円、2dl 袋で4950円。全国の種苗店、JAを通じて販売する。


(関連記事)
タネから育てる楽しさ簡単に 初心者向けキットも発売 サカタのタネ(19.11.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ