左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ハボタンの新品種登場 横浜でフェア開催 サカタのタネ2020年1月15日

一覧へ

 サカタのタネは10日、横浜市のパシフィコ横浜で「サカタフェア2020」を開催。野菜や花きの独自品種を展示し、ハボタンの最新品種を紹介した。

「サカタフェア2020」の会場「サカタフェア2020」の会場

 「シン・世界」をテーマに同社製品が一同に揃った会場は、肥料や生産資材メーカー130社が出展し、卸売業者や種苗店の担当者ら約500人が来場。同社の坂田宏社長は、「"シン"には新商品や新提案の『新』、未来につながるビジネスの『進』、活気のある農園芸ビジネスを体現する賑わいの『賑』などの意味を込めた」と説明した。

 この日初めてお披露目した新品種のハボタンは「ドレスレッド」。花が縮れたちりめん系ハボタンで不安定な秋の気候でも発色が安定する。流通や市場ではコンパクトな草姿が好まれるため、一般的に生産者はわい化剤を使用するが、「ドレスレッド」はわい化剤を使わなくてもコンパクトにまとまるのが特長だ。

ハボタンの新品種「ドレス レッド」ハボタンの新品種「ドレス レッド」


 ハボタンは18世紀にオランダより伝来し、江戸の園芸ブームに乗り普及した。鑑賞用として改良され、「ハボタン」として成立したのはオランダでも例がなく日本独自の歴史だという。

 冬の園芸品目として重要なハボタンを同社は約40年にわたり改良を続け、現在は切花や花壇の両方に対応する茎の長い高性丸葉品種の「円(まどか)春の宴」「同春の紅」をラインアップ。今回、伝統的に根強い人気のあるちりめん系の「ドレスレッド」を追加した。

 同社掛川総合センターでハボタンの開発を行う研究員の鳥居昭宏さんは「新時代のニーズにこたえるには見た目の美しさはもちろん、省力栽培ができ、暖冬傾向の中でも安定的に発色しスムーズに出荷できることが重要。これからも現場での課題解決型の新品種を投入していきたい」と話した。

 ハボタンで同社の推定市場シェアは現在5%だが、2025年には25%の奪取をめざす。

 このほか会場では、同社自慢の花き類を展示。雨に強いペチュニア「バカラiQ」シリーズは、梅雨の時期に雨に打たれると発生しやすい灰色カビ病に強く、降雨後も傷みが少なく花が全体を覆うように咲き続ける。また、真夏の暑さや強い日差しに負けずに春から秋まで咲き続ける「サンパチェンス」は全世界で累計2億本以上を販売するロングセラーだ。

 野菜では、厳寒期もリレー出荷により安定して供給できるブロッコリーの品種「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」や、収穫後、時間が経っても果皮の色が薄くならない栗カボチャ「ブラックのジョー」を紹介。また、白さび病、萎黄病に耐病性があるカブの「二刀」はその食味の良さを来場者にアピールしていた。

カボチャの「ブラックのジョー」の展示雨に強いペチュニアの品種「バカラiQ」の展示真夏の強い日差しにも負けない「サンパチェンス」の展示
「ブラックのジョー」・雨に強いペチュニアの「バカラiQ」・真夏の日差しに負けない「サンパチェンス」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る