Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA全中中央SP

長野県SDGs推進企業に認定 唐沢農機サービス 同一労働同一賃金にも取り組む2020年8月17日

一覧へ

新品・中古農機の販売や修理、コイン精米機の運営、農産物の生産・販売・輸出事業などを手がける株式会社唐沢農機サービス(長野県東御市、唐澤健之代表取締役)は、長野県SDGs推進企業に認定されたことをこのほど自社のホームページなどを通じて公表した。

長野県SDGs推進企業登録証長野県SDGs推進企業登録証

SDGs達成に向けた経営方針などを示した同社の宣言書によると、「除草剤使用量の減少および早生栽培の促進」のほか、「女性管理職比率の引き上げ」、「地元農家への販売台数増加」などを重点的な取り組み事項に掲げている。いずれも2030年に向け、順に「2019年20台→300台」「同12%→20%」「同約500台→約2400台」などとする具体的数値目標も掲げている。

数値目標にとどまらず、さらに詳細な具体的取り組み事項も「人権・労働」「公正な事業慣行」「製品・サービス」「社会貢献・地域貢献」「組織体制」といった カテゴリー別に明示。公正な事業慣行部分では「サプライチェーン管理」をチェック項目の一つに位置付け、サプライヤーや事業パートナーなども含めた人権侵害の防止、生物多様性や生態系への悪影響の防止、ハラスメントや汚職、贈収賄防止など倫理面での適切な対応について認識を共有し、共に取り組んでいるかを確認する予定としている。

「人権・労働」分野では公正な待遇がなされているかについてチェックする予定で、より具体的に「同一労働同一賃金原則」に従って対応していることを確認すると明記した。雇用形態の違いによって各種手当などの支給格差が生じないよう務める方針を示している。

【唐沢農機サービス】

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る