Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA三井リース中央(1)PC
JA三井リース中央(1)SP

日本農薬とDJI JAPANが提携 上空からの異常検知で新たな防除提案を推進2021年4月2日

一覧へ

日本農薬とDJI JAPANは4月1日、ドローンを活用したほ場診断で提携することを発表。日本農薬のAI画像診断技術とDJI JAPANのセンシング技術により、早期に上空からほ場の異常を検知し、適切な農薬の使用を薦める防除提案をめざす。

今回の提携は、日本農薬が2020年4月にリリースしたスマートフォン用アプリケーション「レイミーのAI病害虫雑草診断」のAIエンジンと、DJIの精密農業・土地管理用の統合型マルチスペクトルイメージングドローン「DJI P4 Multispectral」を組み合わせることで、上空からほ場の異常を検知し、最適な防除に繋げるソリューションを提案することを目的としている。

日本の農業が抱える少子高齢化による労働力不足問題を解決するには、農作業をより一層効率化する必要がある。その一環でほ場の健康状態をより簡易にチェックするための技術改善として、まずは畑地の雑草の検出をめざす。具体的には、DJI JAPANのドローンとその航行システムを活用することで高高度からほ場を自動センシングし、雑草の発生地点を特定。その後、地面の近くまで寄れるドローンを用いて発生している雑草を撮影し、日本農薬のAIエンジンで雑草種を特定し最適な防除薬剤を提案する。

両社は今後、農業分野で上空からほ場の異常検知による新たな防除提案を検討し、その過程で新たな使用事例や検証結果を共有していく。

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る