Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

肥料用触媒の市場規模 2021年から2027年にCAGR2.4%で拡大見込み2021年4月14日

一覧へ

グローバルインフォメーションは4月12日、市場調査レポート「肥料用触媒の世界市場:製品別(鉄ベース、ニッケルベース)、プロセス別(ハーバーボッシュ法、尿素生産)、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2027年)」 (Grand View Research, Inc.) の販売を開始した。

肥料用触媒の市場規模 2021年から2027年にCAGR2.4%で拡大見込み

肥料用触媒の世界市場規模は、2020年に28億米ドルとなり、2021年から2027年にかけて年平均成長率(CAGR)2.4%で拡大すると予測。触媒は、有機金属化合物であり、肥料や製油所の用途に広く使用されている。この市場は、温室効果ガスの排出削減とプロセス効率の向上を目的とした製品イノベーションが主な拡大要因となっている。また、新たな環境基準の導入が、市場の成長にプラスの影響を与えると予想される。

世界の主要国政府は、アンモニア、硝酸アンモニウム、硝酸カルシウム、複合肥料、硝酸プラントの製造に関する規制を実施。これにより、メーカーはこれらの問題に対処し、プロセスを持続可能なものにするための触媒の調達を迫られることが見込まれる。

2020年の北米市場では、米国が圧倒的なシェアを占めた。米国は世界最大のリンとアンモニアの生産国であり、輸出国。また、同国は世界第4位の窒素肥料メーカーであり、世界第2位のリン酸塩メーカーでもある。米国市場の優位性には、地方自治体が実施する持続可能性への取り組みが大きく影響。肥料産業のために策定された持続可能なイニシアチブを達成するために、米国のメーカーは、過去3年間で、約38億米ドルを設備拡張に投資した。

世界全体での肥料生産量は、収穫量の増加と食料需要の増加を背景に、安定したペースで増加。世界の食糧供給の約60%は、合成肥料の生産によって支えられていると言われているが、各国のメーカーによる持続可能性への取り組みの高まりから、世界的に効率的な製造方法の導入が求められている。触媒は、副生成物の発生を抑え、プロセスの選択肢を広げることで、プロセスの効率化に重要な役割を果たす。

肥料用触媒の原料には、鉄、ニッケル、亜鉛、バナジウム、クロム、銅などの卑金属と、白金、ロジウム、パラジウム、ルテニウムなどの貴金属が使用。ほとんどのベースメタルの価格は下落しているが、その下落幅は原油価格の下落幅よりもかなり小さい。最も下落幅が大きかったのは銅と亜鉛の価格で、2019年1月以降、約15%下落した。

世界的な活動の鈍化、特に世界の金属消費量の半分以上を占める中国の活動の鈍化が、ベースメタルの市場シナリオに影響を与えている。また、新型コロナウイルスの発生による鉱山や製油所の操業停止に伴う生産の混乱も供給に影響を与えている。現在の推定では、銅鉱山の15%、亜鉛鉱山の20%が操業を停止しているか、生産能力を落として操業。しかし、オーストラリアやブラジルの主要な鉄鉱石事業は、高度に自動化されたリモートオペレーションであるため、その影響は小さいと考えられる。

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

DiSC:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る