Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業用コーティングの市場規模 2026年に53億米ドル到達予測2021年7月28日

一覧へ

株式会社グローバルインフォメーションは7月26日、市場調査レポート「農業用コーティングの世界市場 (~2026年):カテゴリー (種子・肥料・農薬)・種子コーティングタイプ (ポリマー・着色料・ペレット)・肥料コーティングタイプ・農薬コーティングタイプ・用途・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を開始した。

農業用コーティングの市場規模 2026年に53億米ドル到達予測

同レポートによると、農業用コーティングの市場規模は、2021年の37億米ドルから年平均成長率(CAGR)7.3%で成長し、2026年には53億米ドルに達すると予測。農業用コーティングの消費は、農業生産物の需要の高まり、病害虫からの保護、扱いやすさや流動性へのニーズ、農家の品質意識の高まりなどにより、大幅に増加している。

増え続ける人口による食糧需要の増加は、農作物の収穫量の増加につながり、農業用コーティングの成長を後押し。農業技術の進歩と、商業用の種子、肥料、農薬技術の応用により、農業用コーティングの需要が各国で生まれている。

新型コロナウイルスによる農業用コーティング市場への影響

多くの国が新型コロナウイルスの危機に対処するため、緊急対策を採用しており、農業投入物や生産物の市場やサプライチェーンの機能に様々な混乱が生じている。種子は農業生産の出発点であり、種子の配送は、その後の生産サイクルを支えるために継続して行わなければならないサービスの一つ。しかし、便数の減少、運転手の減少、スタッフの減少などによる輸送に関する問題が、種子部門に特有の問題を引き起こし、世界の種子コーティング市場にも影響。同様に、農薬用コーティングや肥料用コーティングなどにも、影響を与えている。また、新型コロナウイルスによる混乱は、世界各地で農業投入物が入手できないことによる、生産量や作付面積の減少につながる可能性がある。

牽引要因:種子コーティング製品の採用を促進する技術の向上

種子は様々な技術開発が行われており、持続可能な作物生産に貢献。農業生産物に対する需要の増加は、革新的な種子技術の商業利用を促進している。高価値の種子は、より複雑な技術を必要とするため、商業的なアプリケーターが使われている。高度な低速度化学と遺伝子形質の導入により、従来の土壌散布農薬が種子散布ソリューションへと変化。さらに、ハイブリッドコーン、米、綿などの商業用種子の開発は、商業用種子強化技術のコストメリットをさらに高めている。BASF SE(ドイツ)、Bayer(ドイツ)、Croda International Plc(イギリス)などの企業が、種子コーティングやプライミングなど、新しく革新的な処理ソリューションの開発に取り組んでいる。

種子強化技術は、作物の種類、土壌の種類、地域の経済成長と種子の価値によって異なるため、種子のカスタマイズには高い成長余地があり、革新的な種子技術の開発を促している。米国、インド、中国、ブラジルなどの国々では、専門家の種子を栽培するために農場での技術を採用する傾向が見られる。これらの専門家は、種子の品質と生産性を向上させるために様々な種子強化ソリューションを使用しており、種子コーティング材メーカーに高い成長機会を提供。商業的な種子技術の応用の増加が、種子コーティング市場の成長を促進すると予測される。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る