Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

夜間のドローン調査に強み 鳥獣被害対策をワンストップで提供 地域環境計画2021年7月29日

一覧へ

全国各地での40年にわたる動植物調査の経験と実績を持つ株式会社地域環境計画(東京都世田谷区)は、夜間飛行の許可を得たドローン調査の技術を活用し、鳥獣被害状況調査、データ分析、その後の対応策から、鳥獣被害対策用品の販売、設置、メンテナンスまでワンストップで提供している。

夜間のドローン調査に強み 鳥獣被害対策をワンストップで提供 地域環境計画

同社は、1981年に自然環境に係わる調査やコンサルティングを行う会社として設立。動植物調査を中心に環境学習や生物多様性の保全・創出、GISを用いた自然情報の解析等の事業を展開してきた。全国7拠点の生きものスペシャリストが、地域の特徴を理解した上で、様々なネットワークを駆使し、地域の課題解決に向けた支援を実施。全国各地の官公庁やNPOなど各種団体、民間企業、学校などからのニーズに応えている。

野生鳥獣による農作物被害が、高い水準で推移し、狩猟の担い手の減少や高齢化が進む中、地域一丸で実効性のある鳥獣被害対策を推進することが求められている。ドローンを活用した鳥獣の生息調査では、ドローンを広い範囲で効率よく安全に飛行させ、対象鳥獣の生息域や個体数を把握できる。さらに、赤外線カメラを使用した夜間の撮影により、夜行性獣類が活発化する時間帯に効果的な調査結果が得られ、客観的で的確な対策の立案や実行が可能となる。一方、国内における夜間のドローン調査には規制があり、一定の操作技術を持つ組織でなければ施行できないことから、夜間のドローン調査は同社の強みの一つとなっている。

問い合わせは、地域環境計画企画営業本部 企画開発チーム(電話)03-5450-3700へ。(メール)kikaku-office@chiikan.co.jp。受付時間は平日午前9時~午後5時。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る