2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

「ソラカメ」活用 農作物の盗難対策で実証実験 JAフルーツ山梨2022年7月6日

一覧へ

JAフルーツ山梨は、株式会社ソラコムが提供するクラウドカメラサービス「ソラカメ」を活用し、農作物の盗難対策の実証実験を開始。ももとシャインマスカットをカメラで監視し、夜間パトロールと連携する。

「ソラカメ」活用 農作物の盗難対策で実証実験 JAフルーツ山梨

近年、収穫前の農作物が盗まれる問題が全国各地で起きている。山梨県は、ぶどう、ももで日本一の生産量を誇り、防犯パトロールの経費や防犯カメラの設置費用などを補助する支援制度を設けるなど、盗難対策に力を入れている。

JAフルーツ山梨は、このほど、ももやシャインマスカットなど農作物の盗難対策のひとつとして、クラウドカメラサービス「ソラカメ」を導入。主に、夜間の農場の様子をカメラで撮影し、そのデータをリモートによりリアルタイムで見られるようにするほか、夜間の監視パトロールと連携して盗難防止を強化する。

クラウドカメラサービス「ソラカメ」を設置したシャインマスカットのほ場クラウドカメラサービス「ソラカメ」を設置したシャインマスカットのほ場

ソラカメの映像は、スマートフォンやタブレットでリアルタイム閲覧が可能。IoT通信を用いてクラウドに常時録画しており、過去の映像も容易に確認できる。また、何か動きがあった際には「モーション検知」機能により、関係者にアラート通知する。

今回導入されたクラウドカメラサービス対応の小型カメラ「ATOM Cam2」は、一辺約5センチと小型・軽量で、磁石やカメラ台座に対応しており設置が簡単。広角、フルHDの高解像度、夜間でもカラー映像で撮影できるカラーナイトビジョンや、赤外線LEDによる白黒撮影もできる。

JAフルーツ山梨 営農指導部 営農指導課の久保田課長は「JAフルーツ山梨では、地域の生産者を守るため盗難防止体制を強化している。今回実証実験導入を決めた"ソラカメ"は、常時クラウド録画されるため、万が一カメラ自体が盗難にあっても撮影された動画の記録が残り、生産者にスピーディに展開できる。引き続き、積極的に最新技術を活用して、効果的な施策を継続的に展開していく」と話している。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る