人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

イノシシなど獣害対策向け「コンクリートキャンバス」販売開始 太陽工業2023年7月13日

一覧へ

テント構造物などの大型膜面構造物や土木・物流資材を手がける太陽工業は、水をかけるだけで高耐久なコンクリートマットができる特殊セメント封入布「コンクリートキャンバス」(CC)にイノシシなどによる農地の掘り起しに対して保護効果があることを実証。同製品を獣害対策向け製品として、農地や公園、道路、地下ケーブルの管理者などを対象に7月に本格販売を開始する。

防護柵の下に敷いたCC防護柵の下に敷いたCC

イノシシなどが農地へ侵入することを防ぐ対策として防護柵が作られることが多くなっているが、防護柵を張り巡らせてもイノシシが柵の下から潜り込み農作物が食い荒らされたり、光ケーブルなどの重要な地下埋設物周辺の地面をイノシシが掘起したなどの事例が見られる。

イノシシの侵入を防ぐには防護柵は効果的だが、柵の地際部や地下埋設物周辺の掘起しを防ぐには耐久性の高い材料で地面を覆う必要がある。同社は実証実験で、水をかけるだけで高耐久なコンクリートマットができる特殊セメント封入布CCで地面を覆うことで、このイノシシの侵入を防ぐ効果があることを確認。実験結果を踏まえ、CCを獣害対策向け製品として販売する。

獣害対策の実証実験での損傷範囲は10cm角程度獣害対策の実証実験での損傷範囲は10cm角程度

CCは、英国で開発された「ジオシンセティックセメント複合マット(GCCM:Geosynthetic Cementitious Composite Mats)」と呼ばれる複合材料。特殊配合のドライコンクリートを立体織物(表面:ポリエステル織布、裏面:塩ビフィルム)内に内包した構造で、敷設後に散水、または水中に浸けることでドライコンクリートが硬化し、薄く、高耐久で耐火性の高いコンクリート層を構築できる。国土交通省の新技術情報提供システムNETISに登録されており、これまでに法面保護工、防草防竹工、水路工、水路補修工などで多くの導入実績をもつ。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る