左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
2・PC:朝日アグリア・エコレット
JA全中中央SP

農薬散布新時代へ コンパクトな農業用ドローン「Agras T25」発表 DJI JAPAN2023年11月8日

一覧へ

DJI JAPANは11月7日、ドローンによる農薬散布の新時代に向けて最新のコンパクトな農業用ドローン「Agras T25」を発表。2024年1月の発売を予定している。

農薬散布新時代へ コンパクトな農業用ドローン「Agras T25」発表 DJI JAPAN

「Agras T25」は、最大7.5メートルの散布幅で効率的に農薬の散布が可能。日本においては、T50大容量バッテリーを採用し、1フライト2ヘクタールの散布を実現する。現在、日本の水稲防除を担っている産業用無人ヘリコプターに代わる活躍が期待される機体となる。

最新コンパクトな農業用ドローン「Agras T25」最新コンパクトな農業用ドローン
「Agras T25」

「T25」は、軽量かつコンパクト、俊敏な飛行操作に柔軟に対応。折りたたんだ機体は一人でも持ち運びができ、折りたたんだ機体はワンタッチで容易に展開。

カセット式バッテリーと合わせてスムーズに散布できる。最大20kgの積載量で、液体や粒剤の農薬や種子、肥料も効率的に散布できる。

日本の中小規模の圃場サイズでも使いやすく、個人使用から請負散布までさまざまなニーズに対応する。

また、最新の二重反転式アトマイザーを採用し、最大24L/minを吐出。液滴は均一かつ微細にコントロールでき、水稲をはじめ、露地野菜や果樹など、様々な作物に適切な散布を実現する。

また、高解像度のFPVジンバルカメラにより、上空から高解像度の写真撮影が可能。撮影した写真は高性能スマート送信機内でリアルタイムで撮影写真からマップ構築し、圃場測量から散布までスムーズな作業が可能となる。さらに、複数の農地測量モードで、より効率的に大面積を測量できる。

進化した安全機能

進化した2つのフェーズドアレイデジタルレーダーシステムにより、機体を中心に全方向の障害物を検知し安全に飛行。さらに農業機では初搭載となるデュアルビジョンシステムによる空間把握により障害物を回避しながら安全な飛行ルートを設定する。

現場ニーズに対応した複数の散布モード

また、散布作業現場のニーズに応えるため複数の新機能を搭載。作業エリアの分割機能や散布テンプレートの設定保存機能、マニュアルモードにおいても詳細設定を追加できるようになり、圃場環境により適切な散布モードを選択できる。

T50大容量バッテリーは、D6000i発電機で充電でき、使用したバッテリーは、約20分で充電を完了。スムーズかつ効率的な散布作業サイクルにつながる。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る