人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

本日開幕「J AGRI KYUSHU」ナイルワークスが初出展 国産自動飛行ドローンを展示2024年5月22日

一覧へ

ナイルワークスは5月22日、グランメッセ熊本で開幕した農業・畜産の展示会「J AGRI KYUSHU(旧:九州農業WEEK)」に初出展。可変散布に対応した、国産の自動飛行ドローン「Nile-JZ Plus」の実機を展示している。

自動飛行ドローン「Nile-JZ Plus」の実機を展示するナイルワークスのブース自動飛行ドローン「Nile-JZ Plus」の実機を展示するナイルワークスのブース

「Nile-JZ Plus」は、安全安心な国産にこだわり、使いやすさを追求し自動飛行を可能にたドローン。フルオート(自動飛行)に特化しており、事前準備の手軽さやストレスフリーな飛行が魅力となる。最大の特徴は、圃場センシング・解析結果をもとに、作物の生育状態にあわせて、部分的に農薬・肥料を散布する可変散布の機能を搭載していること。農薬・肥料の使用量の低減に役立ち、「みどり投資促進税制」の対象機械としてドローンで初めて認定された。特別な操縦スキルがなくても、必要な箇所に、必要な量の農薬・肥料を自動散布でき、作業効率アップや資材コストダウン、環境負荷の小さいサステナブルな農業を実現する。

ナイルワークスは作物の形状解析による栽培管理や農作業マッチングサービスも展開。生産から消費まで、総合的に農業や食の課題解決に取り組んでいる。「J AGRI KYUSHU」では、同社が提案する新しい農業の活用事例を紹介している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る