野菜・果物 ニュース詳細

2015.07.17 
好きな漬物トップはきゅうり タキイが調査一覧へ

 タキイ種苗(株)(本社:京都市下京区、瀧井傳一社長)は、毎月21日の「漬物の日」(注1)に向け、20~60代の男女357名を対象に、好きな漬物の種類や漬物を食べる頻度などを調査した。

 まず、「漬物が好きですか」という質問については、「とても好き」(35.6%)、「やや好き」(26.3%)の回答があり、全体の6割以上となったのに対し、「やや嫌い」(5.9%)、「とても嫌い」(3.4%)と答えた人が1割未満になるなど、日本人は漬物が好きであることがわかった。
 なかでも「好きな漬物の種類」については、1位が「浅漬け」(76.5%)、2位「ぬか漬け」(52.7%)、3位「たくあん」(49.3%)と、日本で古くから親しまれている漬物がトップ3となった。
 また、「漬物で好きな野菜」の1位は「きゅうり」(70.0%)、2位「白菜」(65.3%)、3位「大根」(58.3%)となった。さらに、「漬物で食べてみたい野菜」では、「トマト」(27.5%)がトップとなり、次いで「アスパラ」(17.4%)、「ズッキーニ」(16.0%)、「じゃがいも」(16.0%)となった。
 漬物の入手方法については、市販品を購入する人がほとんどだが、漬物を作ったことのある人は44.2%と比較的多く、男性でも28.3%だった。
 また、漬物をほぼ毎日食べる人が15.7%、週に数回食べる人が35.3%となり、半数以上の人が週に数回以上食べていることがわかった。漬物は副菜の中でもかなり頻繁に食べられており、特に50代、60代にその傾向が強いことがわかった。

 (注1)名古屋市郊外の萱津神社には、野菜を神前の供物にする習わしがあったが、野菜は短期間で劣化してしまう。たまたま氏子が塩甕に野菜を入れてお供えしてみたところ、程よい塩加減になっていて日持ちもよかったため、氏子はこれを喜び、8月21日を漬物の日としたという伝説がある。漬物業界ではそれを発展させ、毎月21日を漬物の日に制定した。

漬物で好きな野菜TOP3

(関連記事)

朝食と朝の飲み物調査 タキイ種苗 (15.05.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ