Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

好きな漬物トップはきゅうり タキイが調査2015年7月17日

一覧へ

 タキイ種苗(株)(本社:京都市下京区、瀧井傳一社長)は、毎月21日の「漬物の日」(注1)に向け、20~60代の男女357名を対象に、好きな漬物の種類や漬物を食べる頻度などを調査した。

 まず、「漬物が好きですか」という質問については、「とても好き」(35.6%)、「やや好き」(26.3%)の回答があり、全体の6割以上となったのに対し、「やや嫌い」(5.9%)、「とても嫌い」(3.4%)と答えた人が1割未満になるなど、日本人は漬物が好きであることがわかった。
 なかでも「好きな漬物の種類」については、1位が「浅漬け」(76.5%)、2位「ぬか漬け」(52.7%)、3位「たくあん」(49.3%)と、日本で古くから親しまれている漬物がトップ3となった。
 また、「漬物で好きな野菜」の1位は「きゅうり」(70.0%)、2位「白菜」(65.3%)、3位「大根」(58.3%)となった。さらに、「漬物で食べてみたい野菜」では、「トマト」(27.5%)がトップとなり、次いで「アスパラ」(17.4%)、「ズッキーニ」(16.0%)、「じゃがいも」(16.0%)となった。
 漬物の入手方法については、市販品を購入する人がほとんどだが、漬物を作ったことのある人は44.2%と比較的多く、男性でも28.3%だった。
 また、漬物をほぼ毎日食べる人が15.7%、週に数回食べる人が35.3%となり、半数以上の人が週に数回以上食べていることがわかった。漬物は副菜の中でもかなり頻繁に食べられており、特に50代、60代にその傾向が強いことがわかった。

 (注1)名古屋市郊外の萱津神社には、野菜を神前の供物にする習わしがあったが、野菜は短期間で劣化してしまう。たまたま氏子が塩甕に野菜を入れてお供えしてみたところ、程よい塩加減になっていて日持ちもよかったため、氏子はこれを喜び、8月21日を漬物の日としたという伝説がある。漬物業界ではそれを発展させ、毎月21日を漬物の日に制定した。

漬物で好きな野菜TOP3

(関連記事)

朝食と朝の飲み物調査 タキイ種苗 (15.05.08)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る