想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:モーティブ
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

油粕が家畜飼料に使える ナタネ新品種「きらきら銀河」2016年1月12日

一覧へ

 農研機構は1月6日、エルシン酸を含まず、グルコシノレート含量が低いダブルロー品種の寒冷地向きナタネ新品種「きらきら銀河」の育成を発表した。

草型・左からきらきら銀河、キザキノナタネ、キラリボシ エルシン酸は大量に摂取すると心臓に疾患を生じる可能性があるとされ、食用油には無エルシン酸品種が望ましいとされている。グルコシノレートは大量に家畜が摂取すると甲状腺肥大を引き起こすとされるが、搾油した際に油に溶け出すことはない。現在、日本ではエルシン酸を含まないがグルコシノレートを多く含む品種が主として作付されており、種子を絞った油は食用に、ミール(搾り粕)は肥料として利用されている。
 今回開発された「きらきら銀河」はグルコシノレート含量が低いため、ミールを牛や豚、鶏の飼料として利用できる。
 東北地域で栽培される、同じくダブルロー品種の「キラリボシ」より多収。また耐倒伏性や低温のために葉や茎が枯れる寒害の抵抗性は、北海道や東北地域で多く栽培されるエルシン酸を含まない「キザキノナタネ」と同程度の"強"。菌核病抵抗性は「キザキノナタネ」より弱いため適切な防除が必要で、多発地域での栽培は避けるよう呼びかけている。
 現在は東北地域で50haの作付が見込まれており、今後「きらきら銀河」の食用油の商品開発やミールの飼料としての利用拡大が期待されている。
 「きらきら銀河」の名称は、「ナタネの花が銀河のようにきらめいて咲いている様子」をイメージしてつけられた。きらきら銀河と他の比較グラフ
(写真)草型・左からきらきら銀河、キザキノナタネ、キラリボシ


(関連記事)
寒締め栽培で 機能性成分富むホウレンソウ 農研機構 (15.12.28)

土着天敵「タバコカスミカメ」利用技術マニュアル 農研機構 (15.12.09)

キュウリ黄化えそ病に強いキュウリ 5年後実用か 農研機構 (15.12.07)

「農業生産支援の最前線」内閣府SIP公開シンポジウム 農研機構 (15.12.02)

シャインマスカット 10℃で香り維持 農研機構 (15.12.01)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る