野菜・果物 ニュース詳細

2016.08.09 
タキイ トルコに育種拠点 リト社の一部門買収一覧へ

 タキイ種苗(株)はトルコのリト・トフムジュルク社の野菜育種部門を8月5日に買収した。リト社はトルコで最大規模の育苗部門を持ち、キュウリやピーマン、メロンなどのハウス栽培用品種を中心に開発を行っている。

欧州におけるタキイ種苗の育種・研究拠点 タキイ種苗(株)はオランダのタキイヨーロッパを中心に、オランダ、フランスなど欧州に5カ所の育種研究拠点を設け、営業活動を行っている。今回の買収で新たにトルコに育種拠点を置くことで、トルコ、中東向けのハウス栽培用キュウリ、ナス、ピーマンなどの充実を図っていく。
 同社の瀧井社長はリト社の買収について「リト社が持つ魅力的な品種を取り扱うことができ、トルコ・中東での販売に弾みがつくものと期待している」とコメント。またリト社のハサン・ウナル社長は「タキイ種苗の高い技術力・営業力にリト社の優れた育種メンバーが加わることで、世界の種苗業界をリードするタキイ種苗の更なる飛躍に期待します」と話す。
 タキイ種苗は、欧州全体を通じては、今後有望視される東欧、アフリカ市場での販売強化を行う予定だという。
(写真)欧州におけるタキイ種苗の育種・研究拠点

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ