想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー・SP・BASF:コテツフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「ちば食べる通信」創刊4号 銚子のキャベツ農家を特集2021年1月25日

一覧へ

千葉県内の生産者を特集した情報誌とその生産者が育てた食べ物を毎月3300円で届ける「ちば食べる通信」の創刊4号が発行。キャベツの一大産地、銚子で12代目続く農家の坂尾英彦さんを特集する。2月8日まで申し込みを受け付けている。

海に囲まれた銚子で育つきゃべつ海に囲まれた銚子で育つきゃべつ

坂尾さんは12代続くキャベツ農家で、高校卒業後、農業に携わるが、一度は音楽の道へ進んだ。そんな坂尾さんが、なぜ、改めて農家になったのか、また、今回登場するアフロきゃべつやアフロコーンはどうやって生まれたのかを聞く。さらに民泊を運営する坂尾さんは、農家は楽しいということを体現し、地元銚子で多くの人々と、様々な取り組みをしている。

築90年の歴史ある古民家の民泊「farm & stay YAOYA」築90年の歴史ある古民家の民泊「farm & stay YAOYA」

「ちば食べる通信」は、読んで、食べて終わりではなく、これをきっかけにより知識を深め、生産者と交流したり、イベントに参加してみたり、特集された街に行ってみたりと、読んで食べて楽しむことから生産者と消費者のつながりを作ることを目的としている。購読希望者は登録すると、読者限定グループへの招待や、生産者さんとのやり取りや県内各地の生産者さんの情報、イベントの情報などを得られる。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る