Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
全農ビジネスサポート:センター上:PC
JA三井リース中央(1)SP

山梨県に国内最大規模の完全人工光型植物工場が完成 村上農園2021年2月18日

一覧へ

村上農園は、「ブロッコリー スーパースプラウト」の生産能力を拡大するため、10か所目となる生産拠点「スーパースプラウトファクトリー」を山梨県北杜市に新設。2月16日に竣工式を行った。

山梨県北杜市に完成した完全人工光型植物工場「スーパースプラウトファクトリー」山梨県北杜市に完成した完全人工光型植物工場「スーパースプラウトファクトリー」

新施設は、完全人工光型植物工場としては売上換算で国内最大規模。コントロールルームで栽培装置と環境の集中管理やモニタリングが可能な中央制御システムを導入した世界最先端の植物工場で、フル稼働すればブロッコリー スーパースプラウトの生産能力は現在の3倍に拡大する。

同社の主力商品「ブロッコリー スーパースプラウト」は、米国ジョンズ・ホプキンス大学医学部で開発された、有用成分「スルフォラファン」の含有量を成熟ブロッコリーの20倍以上に高めた高成分野菜。消費者の健康志向が高まる中、スルフォラファンに関するさまざまな研究成果が注目され、出荷量はここ10年で7倍以上に伸びた。

「ブロッコリー スーパースプラウト」は現在、需要に生産量が追いつかない事態も生じており、生産拠点の拡大が急務となってたことから、山梨県北杜市に同商品では2か所目となる新たな生産拠点を建設。生産能力を大幅に拡大し、需要に応えられる態勢を確立する。また、同施設の従業員は地元から積極的に採用し、地元雇用の創出にも貢献する。

新工場「スーパースプラウトファクトリー」の生産能力は、1期工事完了後で栽培装置264台・年産3500万パック。2期工事完了後は、栽培装置528台で年産7000万パックを予定。

半地下型構造で、通年で温度変化が少なく、環境負荷を低減半地下型構造で、通年で温度変化が少なく、環境負荷を低減

最新の記事

ダイヤ工業株式会社:右上:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る