秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

大玉ジューシーで甘い「京丹波ラディッシュ」先行販売開始 京の丹波野村家2022年11月8日

一覧へ

京の丹波野村家は、11月からの「京丹波ラディッシュ」の市場出荷にともない、個人向けにプレミアム版「京こまり」をクラウドファンディングのMakuakeで先行販売している。

大玉ジューシー、甘くてフルーティーな「京丹波ラディッシュ」大玉ジューシー、甘くてフルーティーな「京丹波ラディッシュ」

京の丹波 野村家は、29歳の野村幸司代表が、全国的に珍しいラディッシュ栽培をゼロから始め、5年間の試行錯誤を重ね、技術を積み上げてきた。「京こまり」の先行販売は、四方を山に囲まれた中山間地域にあり農地面積も小さく、高齢化が進む京丹波町の持続可能な町おこしの一環で実施。適地適作の限られた面積の農地で、高収益のラディッシュを栽培し、産地化させるプロジェクトとなる。

京丹波町で育てられたラディッシュは食卓の主役になるほどの大玉サイズ。11月4日から市場で流通が始まり、全国へ京丹波ラディッシュを届ける。「京こまり」は、サラダの添え物のイメージを覆す大玉で、中はジューシーで、ソテーにすると甘さを感じられる。Makaukeのプロジェクトでは、旬の3月と12月にしか収穫できない特に大玉のプレミアムラディッシュを「京こまり」と名付けてで先行販売する。

京の丹波 野村家の野村代表京の丹波 野村家の野村代表

【プロジェクト「大粒ジューシー、甘くてフルーティー。1年に2回しか取れない奇跡のラディッシュ」】

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る