人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

埼玉県深谷市発の新習慣 11月23日『深谷ねぎらいの日』で取り組み2023年11月10日

一覧へ

全国トップクラスのねぎの作付面積を誇る埼玉県深谷市は、11月23日の勤労感謝の日に大切な人へ深谷ねぎを贈る習慣「深谷ねぎらいの日」の取り組みを2018年に開始。同市の魅力度の向上と「深谷ねぎ」の消費拡大を図っている。

深谷小児童が市役所庁舎でねぎ販売深谷小児童が市役所庁舎でねぎ販売

「深谷ねぎらいの日」は、取り組み開始の当初から、市内のスーパーマーケットや農産物直売所の協力店舗で「深谷ねぎ」をラッピングしたねぎ束を販売。賛同する市内の飲食店ではねぎ料理が提供されている。

2020年10月には日本記念日協会で11月23日の『ねぎらいの日』が記念日登録された。

深谷ねぎらいの日ロゴまた、2021年からは市内小学校で市職員による「出前授業 ねぎらいの日授業」を実施。2年間で約2200人の児童が自ら制作した「ねぎ束」を家庭に持ち帰り、大切な人をねぎらった。

今年は市内全19小学校で約1000人の児童がねぎ束作りに参加しており、現在制作中。

また、11月25日、26日の2日間は、市内の深谷テラスパークとふかや花園プレミアム・アウトレットを会場に、全国のねぎ主要産地の22産地が参加する、『全国ねぎサミット2023in農業王国ふかや』が開催される。

重要な記事

240425バサグラン・エアーCP_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る