左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SPヘッダー:石原バイオサイエンス・クロスアウトフロアブル
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

JAむなかた生産者との「循環型農業」で生まれたキャベツ2商品を発売 ファミリーマート2023年12月11日

一覧へ

ファミリーマートは12月12日、プライベートブランド「ファミマルKITCHEN」から、JAむなかたと取り組む循環型農業で生産された「福岡県産キャベツを使った キャベツミックス」と「福岡県産キャベツを使った 千切りキャベツ」を新発売。パッケージは循環型農業で生産されたキャベツであることが分かるマークをデザインになっている。

JAむなかたのキャベツ生産者JAむなかたのキャベツ生産者

循環型農業は、農業や畜産、家庭などで出る廃棄物を堆肥などとして活用し、資源を循環利用することで環境の負荷軽減を目指す農業体系。ファミリーマートは、JAむなかた、株式会社セビアと3社の取り組みとして、カット野菜の製造段階で発生するキャベツの外葉や芯などを使用した堆肥を用いてキャベツを生産。また、店舗での販売数量をもとに生産量の目安をJA・生産者と情報共有することで、食品ロスの削減につとめている。

JAむなかたとの循環型農業の取り組みJAむなかたとの循環型農業の取り組み

JAむなかたが生産するキャベツは、海岸に近い一年中霜が降りない無霜地帯の特性を活かしたキャベツ栽培として、国から「指定野菜の産地指定」を受けており、キャベツ専用の真空冷蔵庫を活用するなど品質の維持にも努めている。

新商品は、「地産地消」と「地場野菜の促進」、「無駄のない農業」を目指し、循環型農業で生産したキャベツを使った「キャベツミックス」と「千切りキャベツ」のパッケージに、循環型農業のイラストマークをデザイン。ファミリーマートは今後、JAむなかたと実現した「循環型農業」のモデルについて、他の自治体・野菜への活用も検討している。

「福岡県産キャベツを使った キャベツミックス」(118円・税込)、 「福岡県産キャベツを使った 千切りキャベツ」(108円・税込)「福岡県産キャベツを使った キャベツミックス」(118円・税込)、
「福岡県産キャベツを使った 千切りキャベツ」(108円・税込)

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る