野菜・果物 ニュース詳細

2015.08.27 
「えのき氷」の免疫効果を研究発表 東京農大・JA中野市一覧へ

シンポで食材としての魅力を発信

 東京農業大学とJA中野市は8月26日、同大学横井講堂において「えのき氷」の免疫力調整効果についての研究発表と、「えのき氷」・えのき茸の食材としての魅力を巡り、シンポジウムを開催した。

左から江口教授、城咲仁さん、阿藤組合長 東京農大の江口文陽教授は、新たに発見された「えのき氷」の免疫力調整効果について、臨床実験により「えのき氷」を摂取することで、花粉症やリウマチなどに対する免疫状態を正常な基準値に調整する効果があることを説明した。またシンポジウムに先立ち、JA中野市の阿藤博文組合長は、「えのき氷」の開発経緯を説明した。
 阿藤組合長は、冬場の鍋料理などに使われることが多いえのき茸を、通年使う食材にしたいと思ったこと、夏場の保存に難のあるえのき茸を、加工保存しようとしたことが「えのき氷」誕生に繋がったと述べ、「えのき氷」の作り方を解説した。
 作り方は簡単で、特殊な材料・道具は必要ない。えのき茸を1時間日光に当てると、ビタミンD2が増えることから、陽に晒したえのき茸300gと水400ccを用意し、ミキサーに30秒かけたものを鍋で加熱する。沸騰したら弱火にし約1時間煮出すと、えのき茸の有効成分と旨み成分が抽出される。冷めてから製氷器に入れ凍らせれば出来上がる。
 江口教授は「えのきの細胞は強固で、摂取しても半分ほどは消化されず、便として排出される。ミキサーにかけ、鍋で加熱し、凍らせることは、えのき茸の細胞を壊すことであり、その有効成分を抽出するという意味でも理にかなっている」と述べた。
 シンポジウムにゲストとして参加した、タレントの城咲仁さんは「えのき氷」について「デトックス効果もあり、スーパー食材だと思う」と感想を述べ、「えのき氷」を使った新しい料理レシピの構想などを語った。

(写真)左から江口教授、城咲仁さん、阿藤組合長。

(関連記事)

「えのき氷」の免疫力調整効果めぐり研究発表&シンポ開催 東京農大・JA中野市(15.08.20)

エノキタケに糖尿病予防効果(14.08.01)

キノコ原木供給量 需要を23万本上回る(2014.06.18)

ブナシメジに生活習慣病予防効果 JA全農長野(2014.05.23)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ