人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

【米国大統領選にひとこと】反TPP トランプの主張2016年3月11日

一覧へ

【金右衛門】

 11月にはアメリカ大統領選挙がある。チェンジを叫んで共和党から政権を奪った民主党のオバマ大統領は8年が経過した。民主党政権もそろそろ米国民に飽きられて議会は共和党議員が多数を占める。普通に考えれば民主党から政権交代で共和党の大統領が誕生してもよいはず。

 11月にはアメリカ大統領選挙がある。チェンジを叫んで共和党から政権を奪った民主党のオバマ大統領は8年が経過した。民主党政権もそろそろ米国民に飽きられて議会は共和党議員が多数を占める。普通に考えれば民主党から政権交代で共和党の大統領が誕生してもよいはず。
 しかし、共和党の不動産王トランプ候補がアメリカ国民の心をとらえて首位を走り混とんとしている。トランプ候補は共和党内では発言の品性が問われ主流派からはひんしゅくをかっている。3月1日のスーパーチューズデイで民主党はクリントン候補、共和党はトランプ候補が多数の州の票を集めた。二人ともTPPには反対という。現政権はTPPを早くかたをつけたい。アメリカの意向を受けてか日本は早々とTPP関連法案が国会審議に入る。
 トランプ候補のTPPに関する言い分は次のようだ。(1)6000ページもあるTPP法案は誰も読まないし、真意はわからない。(2)アジア地域の自由貿易協定だ。やがて裏から中国が入ってくる。中国を利するだけだ。(3)中小企業には自由貿易を推奨すべきだがスマート企業(多国籍企業等)だけが得をする。為替の規定がない。ドル高で米国民の仕事が奪われる。TPPは酷い法案だ。と主張している。
 中国はTPPのメンバーではない。トランプ候補の間違いを指摘する向きもある。しかし、安い輸入品の流入と仕事を奪われる心配が、ある層の米国民の支持を得ている。日本のJAグループだけがTPP反対ではない。米国民の大部分がTPPの真の内容がわからない。分かれば反対に回るだろう。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る